2019.04.22

2019.04.22

 今日はすべきことが多く,久しぶりの6時前の出発。早く大学に到着してから,原稿の取り組み。途中で様々な仕事が入ってきたり,今優先にしなければいけないものを取り組んだりしたため,結局未完。明日回し。

 午後になって,お迎え。北海道の道東から,しかも久しぶりにお会いする。近況をお聞きして,お元気そうで何より。15:30前にいつものように堀田先生がいらっしゃり,打ち合わせ。今日の講義は,テキストで自分自身が書いた章を扱う(発問と指示)ので,ゲストスピーカーを務める。

 学科の2年生への講義は昨年度の現代教職論以来。その時とはまた違った雰囲気になっていた。さらに,今回は堀田先生による私の紹介やかつての授業動画の視聴,ミニミニ演習もあり,学生の学びが深まっていくことを感じた。少し時間が長くなったことは反省点。

 終了後,かに政宗で懇親会。終了後,調整すべきことで連絡をあれこれ。

| | Comments (0)

2019.04.21

2019.04.21

 起きてから,今日のための準備を改めて。プリンターの調子が悪く,コンビにで印刷。8時前に東北大学へ。まずは自分が幹事長を務める夏合宿の打ち合わせから。
 9時から大学院ゼミ開始。今回は少人数だったので,レポートの内容だけではなく,関連情報も多く得ることができ,その点でも大きな学びになった。自分の分についても,個人ゼミの続きについて深めることができた。毎日研究は続けることが大切と改めて確認。
 14時過ぎに移動。帰宅してから疲れがたまっていたので,少し休養。夜は連絡をあれこれ。明日の講義の準備等。

| | Comments (0)

第5回学級経営実践セミナー(横浜)

日本学級経営学会が主催する学級経営実践セミナーが6月16日(日)に横浜で開催されます。
私も講座をもちます。くわしくはこちら。(申込みも同じです)
以下,紹介です。

-----
第5回 学級経営実践セミナー(横浜) 

 「子どもたちは,学校に行くのではない,学級に行くのである」「学力向上は学級経営から」などと教育活動の基盤として学級経営は重視されながらも,大学の教員養成では「学級経営」という専門科目はなく,教員研修(現職研修)においてもその学びの機会は十分とは言えない状況です。
 現在,学級経営は,多くの教師がその必要性や意義を認めながらも,それを体系的な共通事項として学ぶ機会ことがなく,実際はそれぞれの教師の経験則に頼らざるを得ないのが現状です。経験は,一人ひとり異なります。ある教師にとっての成功が別な教師の成功を予期するかというと必ずしもそうではありません。学級経営は個別の教師の文化論になっていると言わざるを得ません。その結果,授業改善に取り組もうにも学びの場としての学級が機能せず,十分にその効果が現れず,教師次第で子どもたちの状況が変わってしまうという現象が報告されています。
 こうした現状を鑑み,学級経営にかかわるこれまでの研究成果を踏まえながらこれからの時代に合った形を創り上げていくために2018年3月10日に日本学級経営学会が立ち上がり、2019年3月9日(土)上越教育大学にて第1回研究大会が行われました。
 今回、「研究大会の充実感を関東の地に!」という思いを込め、「学級経営」をいくつかのテーマに分け、エキスパートによる講座と研究報告を準備しました。一日を通して、学級経営をじっくり考え、「学級経営観」を見つめなおしてみませんか?
 
 
1 日時 6月16日(日)受付9:30~

2 場所
 横浜市技能文化会館
 〒231-8575 横浜市中区万代町2丁目4番地7
 https://gibun.jp/gibun/access/
 JR根岸線[関内駅]南口から徒歩5分
 横浜市営地下鉄ブルーライン [伊勢佐木長者町駅]出口2から徒歩3分

3 参加費 4000円(日本学級経営学会員は3000円)

4 申し込み方法 こくずちーず(https://kokucheese.com/event/index/562729/) 

5 内容

9:55~10:00 企画趣旨説明 松下 崇

10:00~10:30 オープニングセッション「学級経営って何?(仮)」 
上越教育大学 赤坂真二
       
10:30~10:50 講座1「私は学級経営をこう見る!<授業づくりの視点から>」 
東北学院大学 佐藤正寿

10:50~11:10 講座2「私は学級経営をこう見る!<評価の視点から>」
上越教育大学 岡田広示

<休憩>

11:20~11:40 講座3「私は学級経営をこう見る!<特別支援教育の視点から>」
東京都公立小学校 田中博司

11:40~12:00 講座4「私は学級経営をこう見る!<実践研究の視点から>」
東京学芸大こども未来研究所 佐内信之
       
<昼休憩>

13:00~ 会場を二つ(A,B)に分けて分科会 研究報告と質疑
 ※それぞれのテーマごとにA,Bどちらかを選び、ご参加ください。

テーマ①「教師と子どものかかわり」
 A:関原良平 東京都江戸川区立第七葛西小学校
 「教師の価値づけの仕方が学級に及ぼす影響-教師と児童で創る学級文化の視点から-」
 B: 松山康成 寝屋川市立西小学校/広島大学大学院
 「学級経営における"機能する"教師の関わり」
 
テーマ②「学級経営と授業」
 A:笠原三義 東京都私立小学校
 「学級経営のUDを活かした授業づくり~授業内の「3つのウオトーク活動」で温かいクラスの基盤づくり~」」
 B: 高橋朋彦 千葉県小学校
 「クラス会議で授業をアップデートせよ」

テーマ③「学級システム」
 A: 大村龍太郎 東京学芸大学
 「「小学校(教師)の学級目標観」が「児童の学級目標観」に及ぼす影響についての一考察」
 B: 奥平安瑞香 千葉大学教育学部附属小学校
 「クラスの垣根を超えた集団意識-スムーズな学級解体に向けて-」

15:20~フリーディスカッション「聞き逃した!もっと突っ込んで聞きたい!議論したい!」
小千谷市立総合支援学校 近藤佳織

16:00~ クローズドセッション 「日本学級経営学会のこれから(仮)」
上越教育大学 阿部隆幸

6 その他
・申し込みを希望の方はこくちーず(https://kokucheese.com/event/index/562729/)からお申し込みください。
・日本学級経営学会員は、参加費が3000円となります。申込フォームで必要事項をご記入ください。
・会場近くの昼食会場には限りがあります。お弁当をお持ちいただいたり、事前に昼食会場をお調べいただいたりするなど、ご対応よろしくお願いします。
・講座の内容、順番は都合により当日、変更になる場合があります。また、会場の都合上、希望された分科会に参加できないことがあります。ご了承ください。

| | Comments (0)

2019.04.20

2019.04.20

 昨日の続きで研究の仕上げ。印刷を終えたところで出発。本日は情報リテラシー連続セミナー参加で東北大学。早めの昼食後,新しい仕事の打ち合わせ。自分にとっては有難いプロジェクトであり,かつての恩返しでもある。

 13時からセミナー受付開始。今回は大学入試改革がテーマ。自分には大いに関係があるので興味深い内容だった。参加者は今日も全国各地から。ふだん各地でご講演をされている重鎮が前方にずらりと並んでいる様子は壮観だった。懇親会では司会役。あれこれ貴重な情報交換。その後,駅近くでゼミ仲間,学生さんたちと2次会。楽しい話の連続だった。

| | Comments (0)

2019.04.19

2019.04.19

 朝一番の新幹線。今日は東京で会議。頭をフルに使う会議だった。加えて,様々な周辺情報に自分の感覚が古くなっていることを自覚。学び続けなければ置いていかれるばかりだと痛感。お昼をいただき,仙台に戻る。
 大学に移動し,目的の配付物を学科研究室に取りにいったが,すでになくなっていた。数に限りがあるからやむを得ない。その後図書館。1時間半ほど集中して仕事。一区切りがついたところで駅前に移動。
 今日は教職課程センターの歓送迎会。駅東口のイタリアン。二十数名の参加。昨年自分が歓迎される立場だったことを思い出した。あれから1年。早いものである。今日は事務の方とあれこれ情報交換できたことが貴重だった。9:30には終了。代行で帰宅。

| | Comments (0)

2019.04.18

2019.04.18

 朝,確認をしていて急遽の学生連絡が必要に。関係者にメール。学年担当の先生に協力していただき,連絡をしてもらった。迅速な対応に感謝。
 混雑を避けるため,今日は早めに出勤。今後はずいぶん早くから来る学生もいると感じる。来週の講義の準備等。事務方に様々な確認。1年経っても関わりのない分野ではシステムを理解していないことがわかった。
 2限は英文学科の講義。今日で2回目の分が終了。受講者も確定する。2年目ということもあり,講義についてはさらに工夫が必要になることを自覚。
 終了後,チューター面談。今日は2名。小学校教員希望なので様々な質問を受ける。準備に入っているところが頼もしい。終了後移動し,土樋キャンパス。かつてお世話になった岩手からの来客。近況をお聞きし,少しだけキャンパス内をご案内。役に立つことができてよかった。
 15:30から全学教員会議。今後の本学の方針について理解を深める。自分ができることは何か考えていこう。夜は事務仕事の対応がメイン。

| | Comments (0)

2019.04.17

2019.04.17

 昨日は睡眠時間をふだんより多くとり,体力もいくらか回復。いつものように出勤。4月なので,各種の事務仕事が多く時間を割く。特に学校一日体験の各学校への連絡をするが,予定の日に様々な都合が重なっていることがわかり再調整が必要。学校現場の忙しさを改めて実感する。
 講義は2本。教育学科対象の読解作文の技法は学生たちの反応もよく感心する。その他,来客対応,来週の講義準備等。帰宅してからは研究と原稿。
 キャンパス内の桜はまだまだ見ごろ。よき風景である。地元岩手はこれからというところ。いい季節である。

| | Comments (0)

«2019.04.16