2016.12.06

毎年1回行き続けて

10月のsoyaサークル、そして3日前の山の麓の会と、関西の2つのサークルに今年も講師役を依頼され、遠路行かせていただいた。

どちらも1日開催のセミナーで毎年変化がある。soyaさんはフィールドワークを加えたり、山の麓の会では児童相手(休日なので自主参加の児童)の飛び込み授業をしたりと企画も工夫されている。
さらにどちらもサークル員が勉強熱心だ。それがセミナーの雰囲気にも伝わっている。

さて、サークルで大切なのは日常の活動だと思っている。イベントは日常とは違う特別な日。どちらもかみ合って、サークルは進化すると思っている。
今年度は特にもセミナーの場で、サークルが取り組んでいることについて学ぶことがどちらもあった。
soyaサークルは、社会科のレポートが3本。それぞれ個性的なものだ。
山の麓の会は飛び込み授業の吟味(何度も授業にかけて検討した)とサークル発表。
それぞれ一定の時間があり、参加者も学ぶところが多かったであろう。

私も学ぶところが多く、その後の話の中で取り上げさせてもらった。毎年1回ずつ行き続けてサークルの進化を見るのことができるのは嬉しい思いである。

| | Comments (0)

2016.12.05

花まる先生

週に1回の朝日新聞の「花まる先生」を楽しみにしている。
特色ある実践は何らかのヒントになる。
今週の日曜日で見させていただいのは、ユニバーサルデザイン関係で実践を何回か読んだことがある先生。
しかもWeb版にその先生の動画が掲載されていた。こちら

これは有難い。文章や写真だけでは伝わらない授業の様子が数分だけの動画でもわかるからである。
内容によっては、教員研修でも活用できるのではないか…そう感じる。
これからも週1回、注目していきたい。

| | Comments (0)

2016.12.04

第2回あすの社会科を考えるセミナーin仙台

第2回あすの社会科を考えるセミナーin仙台の告知です。
申込みはこちらから。

 「社会科の授業がうまくいかなくて…。」「自分は社会が好きなんだけど,子どもたちがなかなか乗ってこなくて…。」「どうやったら,楽しくなるんだろう。」「子どもたちがよく考えるような知的な社会科の授業にならなくて…。」
 子どものために頑張ろうとしているあなた。社会科の授業に真剣に向き合おうとしているあなた。実にすばらしいです。そんなあなたのために,社会科授業の達人が,社会科授業の「いろは」について教えます!もちろん,社会科授業を創る力をさら高めたいあなたにも十分満足いただけるような,ディープな話題もあります。あすの社会科の授業をともにつくっていきましょう。

<第1回明日の社会科を考えるセミナー参加者の感想(一部)>
社会科が苦手な方にも,エキスパートの方にも満足していただける会になりました。

〇社会科のプロフェッショナルのお二人から,お話が聞けて,ものすごく勉強になりました。
〇社会科の指導にとても苦手意識があります。学級の子どもたちも「社会?やだー」って言うのでどうしようかと悩んでいました。いつも教科書をなぞる授業で,教えていても楽しくないなと思っていました。今日のセミナーに参加したことで,指導のアイディアをたくさんもらうことができ,「社会の授業を早くしたいな」と思うことができました。
〇2人の先生方から社会科で大切にしたいことを分かりやすく教えていただいた。Q&Aでも,素朴な疑問に真剣に答えていただき感謝している。
〇どういう意図で資料提示なり発問なり提案なり…。教師が考えなければならない意図について説明いただき非常に勉強になることばかりでした。
〇後半のワークショップでは,実際の授業について交流ができ,とても有意義でした。
〇社会科について,いつもとは違った感覚で学ぶことができました。いろいろな方のお話をたくさんきくことができ,新鮮な学びをいただきました。


日時 平成29年2月25日(土)13:00~17:00
会場 仙台市 戦災復興記念館
定員 20名

テーマ「資料活用のワザ,教えます」

プログラム

13:00 開会 セミナーの趣旨説明
13:05 講座1(ミニ講座15分×2)
      武田直樹「風刺画を使った『見通し』『振り返り』」
      千葉真 「誰でも簡単♪ 資料活用:キホンの“キ”」
      
13:35 休憩
13:40 講座2(佐々木潤)
      「この単元ではこの資料,この発問を」
      資料の読み取らせ方,そこからどう展開していくかについて,
      模擬授業も入れながら,お話します。
14:20 休憩
14:25 講座3(佐藤正寿)
      「魅力ある資料、発掘・活用のコツ」
      社会科資料で魅力的なものの発掘とその活用のポイントを,
      具体例を示しながら伝えます。
15:05 休憩
15:15 あすの社会科授業を作るワークショップ
      ・グループを作って,資料活用を中心にした授業プランを作ります。
      ・講師の二人からもアドバイスをもらいながら,明日から使える授業を考えます。
      ※担当学年の社会科教科書をご持参ください。
16:30 社会科授業,資料の選択・読み取りに関するQ&A
      ・日頃,社会科授業ついて悩んでいるを質問してください。
       講師二人が答えます。素朴な質問,大歓迎です!

16:50 閉会行事

※ 懇親会も企画しております。仙台駅周辺を予定しています。

| | Comments (0)

2016.12.03

今年も姫路へ

今年も姫路の山の麓の会主催の「学級力向上セミナー」にお招きを受け、参加させていただいた。
発足4年目のサークルだが、熱心な先生が集う会であり、参加者も地元兵庫だけではなく、京都、大阪、鳥取、岡山、そして千葉、富山と広範囲だ。自分にとっては3回目の講師役であり、毎回私がエネルギーをいただく。本当に有難いセミナーである。

今回は中学年児童対象の飛び込み授業(私の他にサークル代表も)、検討会、講座2本とフルコース。
一番時間を注いだのは飛び込み授業。やはり子どもたち対象の授業は一期一会ということもあり、さまざま考える。今回はコンビニの授業。この時間完結ではなく、あえて新しく疑問が生まれるようにして授業を終えた。
そうしたら、さっそくお昼から追究活動をした…という報告があり、何とも嬉しい飛び込み授業となった。

授業後の追究活動へのしけけは、自分の学級ではしていたことであるが、飛び込み授業はなかなかできないと思っていた。しかし、実際には様々な可能性があることを確認した有意義なセミナーであった。

| | Comments (0)

2016.12.02

つぶやきより

フェイスブックのつぶやきです。

・現任校のOB会。事務局長ということで、多くのエネルギーを割いたので無事終了してホッとする。年1度の会が66回目。まさに伝統の会だった。それにしても70代、80代の皆さんはお元気だ。定年退職された方々がこの会では中堅に見えた。諸先輩方の研究での苦労話をお聞きして、研究面での伝統は引き継がれていると感じた。

・隣県開催の社会科の学会の情報を見つつ、今日も公務優先。県PTA研究大会。「命の授業」の腰塚勇人さんの講演がよかった。
・口は人を励ます言葉や感謝の言葉を言うために使おう
・耳は人の言葉を最後まで聴いてあげるために使おう
・目は人のよいところを見るために使おう
・手足は人を助けるために使おう
・心は人の痛みがわかるために使おう
この5つの誓いに共感。

・今日の授業のために昨日のプリントをチェック。感想で一人の子が「福校長先生の授業で…」と書いていた。「副」校長ではなく、「福」校長。思わず笑ってしまったが、これは嬉しい誤字である。そう在りたいという姿を子どもから教えてもらった感じ。

・5年生で授業。ふと教室の掲示物を見ると学年通信に目が入った。マラソン大会の早いランキングだけではなく、1回目と比較して伸びたランキングを男女とも10人紹介していた。これはすばらしいことだし、子どもたちの励みにもなる。保護者にとっても、「こういう視点でも先生方は見ているんだ」と信頼を得る通信だと感心。

・風の強い一日。昼休みに子どもが「校庭の木が倒れそう」と言っていたので、見に行くと本当にそうだった。それほど高くはない細い木ではあるものの、あと少しで道路に倒れるところ。ふだん気づないところを子どもたちが見つけてくれた。施設管理で子どもたちに助けられたのはこれが2回目。5時間目に教室に出向き、大げさなぐらい直接「ありがとう!」と握手をした。本当にファインセーブ。

| | Comments (0)

2016.11.30

11月終了

11月終了。今回は15日分の更新。不定期更新になって2ケ月目。このペースが通常となりそうだ。

●11月は校務では大きな行事もなく、順調に進んでいる。先生方の研究授業も何度も行われ、あれこれ学ぶことが多い月だった。自分が担当する仕事としては、OB会とPTA関係の比重が大きい月だった。OB会については少しずつ準備を始めて10月下旬から今月上旬までがピーク。ミスがないようにエネルギーを割いた。他校では2年に1度が多いのであるが、本校は毎年である。PTA関係も県大会や会議の準備を入念に行った。

●大学院の修士論文への取り組みも加速。今月は検証授業の月。論文で評価方法について学んだことは大きかった。他の研究の取り組みもある。毎日前進することが大事だと思っている。

●講師役は4本。うち1本は宮城の佐々木先生と共に運営者になっているもの。東北地区での社会科を盛り上げたいという思いから年に2回ほどセミナーを開催する。1回目は予定定員以上の申込みがあり本当に有難かった。その他、教育センター、石巻社研、地区社研と社会科とユニバーサルデザイン関係で自分自身も考えを深めることができた。12月に2回登壇し、今年の分は終了である。

●その一関社研in奥州が下旬に開催され久しぶりに参加。育ちゆく若手と中堅の姿を見ることができたのは実に嬉しいできごとであった。こういう学びの機会を改めて大切にしたいと思った。

●原稿書きは今月は1本。読書は研究がらみ。これらについては「いつものペース」ではいけないであろう。限られた残りの教員生活を充実させるためにはペースは上げないと…。今年もあと1ケ月。せめて来月だけでもペースを上げたいが、まずは研究優先か。

| | Comments (0)

2016.11.26

『第11回 学級力向上セミナー 姫路〈社会科編〉』

開催まで一週間後となりました。
申込者も定員80名のところ申込者も60名を超えました。
申込はこちらから。

----

学級力向上セミナー第11弾!
お馴染み、岩手より授業名人「佐藤正寿先生」3度目の来姫です!
今回も佐藤先生の授業を生で参観することができます!

午前中は2本の生授業とみっちり協議会。
午後からは佐藤正寿先生のご講演2本。
社会科を中心に、授業づくりについて、学級づくりについて深め合いましょう!
ぜひこの機会に「姫路」にお越し下さい!

☆☆授業を受ける児童(3・4年生)募集中!


『第11回 学級力向上セミナー 姫路〈社会科編〉』

 ☆日時  平成28年12月3日(土)

       9:30〜16:45

 ☆場所  姫路商工会議所 

 ☆講師  佐藤正寿(奥州市立水沢小学校 副校長)

 ☆参加費 3000円(学生2000円)

 ☆定員  80名

 ☆詳細

  9:30〜 9:35 はじめの言葉
  9:35〜10:05 宗実直樹 授業 3年社会「工場で働く人と仕事」
 10:05〜10:20 休憩
 10:20〜11:50 佐藤正寿 授業「3・4年児童対象(予定)」
 10:50〜11:00 休憩
 11:00〜12:10 授業説明&討議会 (パネラー 間森 誉司)

 12:10〜13:10 休憩

 13:10〜13:50 昼の会(山の麓より)
 13:50〜14:00 休憩
 14:00〜15:00 佐藤正寿「全員がわかる・できる社会科授業」
 15:00〜15:10 休憩
 15:10〜16:10 佐藤正寿「アクティブな社会科授業はこうつくる」

 16:10〜16:15 休憩 
 16:15〜16:40 QAシェア 
 16:40〜16:45 おわりの言葉 

 17:30〜      懇親会「ビストロ ゼブラ」   


 ☆事務局 山の麓の会

| | Comments (0)

«久しぶりの社研