2017.03.26

学位記授与式

本日は通信制大学院学位記授与式だった。
無事、修士の学位を取得した。

「学位記は1枚の紙きれに過ぎないが、それは皆さんの未来を切り開くパスポートのようなもの」というメッセージが強く心に響いた。
ようやく研究の第一歩を踏み出したに過ぎないが、未来は自分次第と思っている。
それにしても博士号を60代の権威ある方々が取得されていたことには驚いた。
学びに終わりはない。

| | Comments (0)

2017.03.25

保育園卒園式

学区にある保育園の卒園式に来賓として出席した。
管理職になってから、毎年1~2ケ所は出席をしている。
毎回のことながら、1年生になろうとしている子どもたちの立派な態度に驚く。

特に今回は思い入れが深かった。
それというのも、我が子2人が20年近く前に卒園した保育園だからである。
そのため、通常の来賓挨拶に加え、「私事ながら・・・」と我が子がこの保育園を卒園したこと、その頃も今もすばらしい保育・教育をしていることを話させていただいた。
檀上から、当時からずっといらっしゃる先生方が頷いているのがはっきりとわかった。

長女の卒園の時には自分の離任式と重なり、式自体を見ることができなかった。それでもあとで保育園が撮影・販売してくれたビデオで見て、いい卒園式だったことがよくわかった。離任式終了後に駆けつけて、先生方にお礼を述べたことを覚えている。
それが20年ものちのこのような立場でまた御礼を述べるとは思わなかった。縁の有難さを感じる次第である。

| | Comments (0)

2017.03.22

今年度の講師役終了

一昨日の講師役で、今年度の分が終了した。
数えてみたら合計23回。公的なもの、民間のものを合わせてである。今の職で平日に学校を空けるのは厳しいのでその点では自己規制をしているし、今年度は大学院関係に時間を割きたいということもあり、例年よりも少ない回数である。
自分としては回数にはこだわっていないし、むしろその内容が大事だと考える。その点では課題もあったので、これは次年度に生かしていきたいと思う。

幸い、次年度も有難いことに依頼を受けている。ただし、自分で取り組みたいこともあるので、その回数は減る予定である。その分一回一回を充実させていくことができれば…と思っている。

| | Comments (0)

2017.03.21

「授業のネタ研究会 IN 関西」

19日の京都でのセミナーの翌日、尊敬する大阪の河原先生のお招きをうけ、「授業のネタ研究会 IN 関西」でお話をさせていただいた。テーマは「アクティブな社会科授業づくり」。1時間、模擬授業を含めながら話をした。中高の先生方がメインの研究会だが、熱心に聞いてくださった。

お聞きすると今回が第43回。積み重ねのすばらしさを感じる。河原先生からは新刊のご著書「クイズ主権者教育―ウッソ―?ホント! 楽しい教材71」をいただいた。中学校の講座を自分が受け持つこともあるので、さっそく活用しようと思っている。教材開発の着眼点には学ぶところばかりである。

さて、この研究会では大学時代に社会科教育法の講義の教官だった中村哲先生(関西学院大学)のお話もお聞きした。交通機関の都合で半分で失礼したが、当時の講義(もう35年前!)が鮮明に思い出されてきた。今は授業ビデオを見て、研究会をするのは当たり前だが、中村先生はその先駆者でその当時、附属中やご自身の飛び込み授業を授業で視聴させ、授業について話し合いを学生にさせていた。それだけではなく、有名な社会科教師の実践を数多く紹介していただいた。
一回、一回が学生に力をつける講義だった。自分が教育実習で、この講義で学んだ「〇〇なのになぜ~なのか」という発問を応用して、わりとうまく授業がいったことを今も覚えている。

今回は退官講演ということでのお話だった。70歳といいながら、実にお元気だった。有田先生もそうだったが、70代でお元気な姿を見ると、自分はまだまだと思う。

| | Comments (0)

2017.03.20

「社会科授業を模擬授業で学ぶ」

19日のセミナーで発表者のお一人である大阪の丸岡先生に「ぜひお招きをしてセミナーを」というお話があった。
模擬授業をたくさんしたいという趣旨だった。
翌日やりとりをしているうちに、一気に募集公開となった。このお仕事ぶりには驚いた。
エキサイティングな会になりそうである。こちらに会のことが紹介されている。(申込みも)
以下本文である。

-----

社会科をはじめて教え始めたころ、丸岡自身苦痛の毎時間でした。
「教えるべきことが多い。でもずっと説明していたら子どもたちの表情はどんどんと暗くなっていく」
「子どもたち主体に教えようとすると、子どもたちは喜んで学習するが、テストになるとさっぱり定着していない。」
ずっと、どうしたらいいのかわかりませんでした。私が社会科の授業から逃げるのと同時に、子どもたちも「次、社会?最悪~。」と声をもらしていました。

しかし、学ぶことを繰り返すことで、授業が変わってきました。子どもたちが、社会科が大好きになり、知識の定着も図ることができるようになってきました。


学べば、授業が変わります。
そして、今も「よりよい社会科授業とは何だろうか?」と模索の毎日です。

新年初めの学びは社会科を学びましょう!!
模擬授業を通して、具体的に学びます。

模擬授業に、社会科指導のプロ、佐藤正寿先生にコメントしていただき、より学びを深めていきます。
1日社会科実践を深められること間違いなしのセミナーです。

ぜひ、ご参加ください!!
----

日 時:平成30年1月6日(土) 9時30分~ 受付  9時45分 講座開始
会 場:大阪市内(決まり次第アップします)
講 師:佐藤正寿 氏(岩手県奥州市立水沢小学校副校長)
参加費:3000円
申 込:http://kokucheese.com/event/index/459781/

9時30分 受付

9時45分 開会

1、 佐藤正寿先生オープニング講座  9時50分~10時20分
「社会科授業に欠かせない必須の3か条」

2、社会科をどう授業する!?パート1~3・4年生編~ 10時30分~12時00分

模擬授業 25分×2人 50分 
フロアでの検討 20分
佐藤先生の解説 20分

3、社会科をどう授業する!?パート2~5年生編~ 13時00分~14時30分

模擬授業 25分×2人 50分
フロアでの検討 20分
佐藤先生の解説 20分

4、社会科をどう授業する!?パート3~6年生編~ 14時45分~16時15分

模擬授業 25分×2人 50分
フロアでの検討 20分
佐藤先生の解説 20分

5、これからの現場教師に期待する社会科授業とは 16時20分~16時45分

---

| | Comments (0)

2017.03.19

0から学べる社会科セミナーに登壇

今日は「0から学べる社会科セミナー」に登壇させていただいた。
セミナー名と同じ書籍を発刊し、昨年度が1回目。そして今回が2回目である。
関わった先生方が登壇するということで、ユニークな企画になった。研究者、元中学校教員(大学講師)、小学校教員(私)の3名がメイン講師で3つの講座。さらに小中の実践発表。模擬授業付の授業開き。ショートのパネルディスカッションと、有難い中身であった。
このコーディネートが生きて、前回とは違った参加が多かったと思う。特に中学校の教員や学生が目立った。

私の講座で「授業開き」を扱ったのは初めてであった。
これは自分の中での財産を広げる点では貴重だった。(原稿自体はいくつか書いていたので、それをプレゼン化した。)
また、大学の先生の事象を一般化できるコメントのすばらしさを、中学校のスペシャリストからは教材研究の深さを学んだ。いろいろな登壇者がいらっしゃることのメリットである。

| | Comments (0)

2017.03.18

「教職研修」に原稿掲載

長年購読している教育雑誌がある。「教職研修」は40代になってから購入し始めた。10年以上になるであろう。
購読はしているが、執筆については縁がない雑誌であったが、明治図書の副校長本を執筆したからか、書く機会をいただいた。

〇「「やめる」「減らす」「変える」で、学校での働き方を見直す」

という内容である。こちらに目次がある。アマゾンではこちら

自分の今までの仕事術を書かせていただいた。

| | Comments (0)

«「6年生最後の授業」の反応