« 何が何でも時間を確保する | Main | この6ヶ条でスタート!1単元の交流学習 »

2004.05.04

初任者へのメッセージ

 blogに移行して、やはりアップが楽だなあと感じている。4月までの記録でアップしていなかったものも、これなら陽の目を見る。
 3月に同学年を組んでいた初任者へのメッセージを冊子原稿として寄稿した。その原稿である。

------

 密度の濃い一年。充実した一年。
 先生にとってこの一年間はこのような感じでしょう。きっと一生忘れられない年になると思います。

 もう20年近く前のことになりますが、私自身初任時代の出来事は鮮明に覚えています。初めての授業参観で居眠りをしてしまった子どもがいたこと、保護者から「もっと宿題を出してください」と抗議を受けたこと、子どもたちがなかなか授業に集中しないのを自分の責任とせず子どもたちに怒鳴っていたこと・・・。毎日が反省の連続で、放課後の教室で「あ~あ」とため息をついたことが何度もありました。それでも、子どもたちと一緒に遊んだり、話したりするのはとても楽しいものでした。当時の子どもたちとは今も付き合いが続いています。

 そのような初任時代の私に比べたら、先生はしっかりと努力したと思います。数多くの指導案を書き、授業をしたこと。諸先生方からご指導を受けたこと。校外研修で同じ初任者仲間と研修に励んだこと。そして、学年の先生方と日常的に話し合ったこと。全てが先生にとって財産になったと思います。研修を受けている途中は大変だったことが多かったことでしょうが、それも全て先生のためになったと思います。壁が高いほど、乗り越えた時の喜びは大きいですから。

 同学年で一緒に過ごして、先生を「すばらしい」と思うことがいくつもありました。印象的だったのは保護者からの信頼です。トラブルがいくつかありましたが、一緒に家庭訪問をすると保護者が先生に「先生が頼りです」と話していましたね。子どもたちから信頼されていなければ保護者にも信頼されません。その点で日々の先生の努力ぶりを想像したものでした。

 来年度は「初任者」ではありませんね。むろん、これは終わりではなく新たなスタートです。その意味ではこれからが勝負です。私なりに今まで取り組もうとしてきたこと(なかなかできないものもあります)のうちの5つを、来年度のメッセージとして贈ります。自戒の意味を込めて。

・決めた目標を継続すること・・・「読書・身銭を切る研修・授業記録を残す」等
・子どもたちの前でずっと輝いていること・・・「Stay Gold」・・・いろいろな意味で
・自分なりの「仕事のしかた」を確立すること・・・「依頼された仕事は断らない」
・新たな出会いを求めること・・・人が一番影響を受けるのはやはり「人から」です
・教師という仕事の社会的意義を考えること・・・広い意味で社会貢献をする仕事

 共にがんばりましょう。

|

« 何が何でも時間を確保する | Main | この6ヶ条でスタート!1単元の交流学習 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 何が何でも時間を確保する | Main | この6ヶ条でスタート!1単元の交流学習 »