« 『カッコよく生きてみないか!』 | Main | アンケートから学ぶ »

2004.06.23

作り手のうまさ

先週放送された「どこか行こうヨ」のチャレンジキッズの大縄跳びの番組ホームページが公開された。
岩手県内の放送だったので、少しは県外の人にも奮闘ぶりは伝わると思う。

それにしても今回感じたのは番組作りのうまさである。何かしらの特徴的な部分を出さなければいけない・・・ということで本校の場合には、大規模校がその特徴。
といっても「よさ」というよりは「マイナス面」。お互いがあまり知らないということ。これは事実であった。各学級から選抜されたメンバーで、学級がずっと違っているので話したことがない子同士もいる。転校生だったらなおさらだ。
そのマイナス面をいかに克服するかという点で物語ができる。今回は子どもの発想で「合同給食会」となった。正直、これだけで仲良くなるわけはないのだが、それも正直に答えたメンバーの発言を逆手にとって「給食作戦失敗か?」というテロップが出ていた。
結果は新記録。最後に「給食パワーだ」と言った子のセリフをピックアップ。見事に楽しい物語に編集をしていた。
(「キャプテンの涙」も同様)

改めて作り手のうまさを感じた番組であった。見た人からは大好評であった。

|

« 『カッコよく生きてみないか!』 | Main | アンケートから学ぶ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『カッコよく生きてみないか!』 | Main | アンケートから学ぶ »