« がんばれ!子どもたち | Main | 落とし穴 »

2004.09.18

忘れていたもの

教育雑誌の10月号を読んだ。
今回明治図書の雑誌は「授業技量」をテーマにしたものが数誌あり(なるほどと思う戦略)、自ずと目が行った。
多く出ていたのはTOSS授業技量検定のD表だった。次の5つが評価項目である。

①授業の始まり(15秒)のつかみ
②子どもへの目線
③あたたかな表情、対応
④明確な発問、指示
⑤心地よいリズム

日常の授業では①④⑤は常に意識しているつもりである。しかし、②③はこのごろ意識をしていなかった。
そして、ハッとした。
「新しいものを追いかけるあまり忘れていたもの」があるのではないかと。
自分の中で新しい型の授業をする。そのことばかりに神経を注ぎ、授業の基本的なことがおろそかになってはいないか。子どもたちは6年生で持ち上がり。教師に合わせて学習をしているのだ。

これは何も新しい学びを否定するものではない。過去の学びを生かしつつ、新たな授業を創ることを心がけていかなけば・・・と痛感した。

|

« がんばれ!子どもたち | Main | 落とし穴 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 忘れていたもの:

« がんばれ!子どもたち | Main | 落とし穴 »