« 2段階話し合いを教えた | Main | 知識定着も重視 »

2004.10.25

テレビの力を借りて

今日、一人の子が「わくわく授業」(11月11日放送)のことで連絡をしに来た。
「先生、転校したMさんに手紙でわくわく授業のことを教えますね」と。

Mさんは昨年、夏休み後、家の都合で急遽転校した子だ。友達とも十分な別れができなかった。昨年は手紙で元気な様子を知らせてくれていたが、今年は連絡もなかった。
幸いMさんとその子とは手紙のやりとりをしていた。そこで「1年後の自分たちの姿を見せるいい機会」というわけで連絡をとろうというわけである。

「それはとっても嬉しいね。みんなの元気な姿を見せることができるね」と私もにっこりした。
そうか。テレビで全国放送になるということは、このようなメリットもあるのだ。聞くところによれば、遠くの親戚にも連絡をとっている子もいるようだ(全員が写ることを祈るのみ)。私自身の姿を久々に見る友もいることだろう。

改めてテレビというメディアの威力を実感している。

|

« 2段階話し合いを教えた | Main | 知識定着も重視 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference テレビの力を借りて:

« 2段階話し合いを教えた | Main | 知識定着も重視 »