« 歴史の学習2 | Main | 一球が変えた人生 »

2004.12.10

2年生の「水小郵便局」

2年生が生活科の学習で「水小郵便局」を今開いている。全校を巻き込んだ実践で実にダイナミック。生活科発足当時の実践がおそらく10年以上継続して続けられているのだろう。(もう今は生活科の実践はレポート等でもなかなか見ることがなくなっている・・・)

学級通信にそのよさを少し書いた。紹介する。

 休み時間、何人かの子どもたちが一生懸命にはがきを書いています。また別の子たちは、はがきを購入してきて、「たくさん買ってきたよ」と言っています。
 ともに水小郵便局に関する様子です。今2年生が生活科の学習で一生懸命に取り組んでいるものです。
 この学習のいい点がいくつもあります。次のようなものです。

・2年生の学習だが全校を巻き込んでいる
・3年生以上の子どもたちは「自分もがんばってやった」という経験があ り、協力したいという気持ちが働く。
・ふだんは話をしている相手でも手紙を出すことによって、気持ちを伝えることができる。
・逆にふだんお世話になっている相手(特に教師)に、感謝の気持ちを伝えることができる。
・葉書の交換はベルマークを持ってくること。一石二鳥である。

 私自身も子どもたちからはがきをもらいます。さらに、自分たちの弟、妹からもらった子もいます。「返事、どうしよう・・・」と言いながら嬉しそうな顔をしています。
 このような心の交流ができる水小郵便局。今年も楽しみました。

|

« 歴史の学習2 | Main | 一球が変えた人生 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/2224399

Listed below are links to weblogs that reference 2年生の「水小郵便局」:

« 歴史の学習2 | Main | 一球が変えた人生 »