« 我が校のホームページ | Main | 更新休止のお知らせ »

2004.12.23

面談から思う

昨日で個別面談も終了。今日はふと思ったことを。

1 「時間通りですね」

 何人かの親御さんに言われた。小学校だけではなく、中学校・高校も含めて親御さんは何度も面談をしているだろう。きっと待たされた経験も多いと思う。その点では失礼のないように今回は面談が行うことができた。
 むろん時間通り(一人10分)行っても、満足度の高い面談でなければいけないと思う。このような研究は現場では意外に行われていない。今回自分がしたことは次の通り。

・待ち時間があったら(多くの親御さんは5分ほど前に来られる)事前に資料に目を通していただく。
・「その子らしさ」が伝えるエピソードを準備する。
・「冬休みの生活・課題」といった事務連絡には触れない。「通信をお読みください」
・「子どもたちの声」を何らかの形で伝える。(今回は「通知票から考える」というテーマの作文を同封)
・親御さんの声を聞く時間を確保する。早いうちに「お気づきのこと、ご心配な点はありますか?」と聞く。

2 「迷ってしまいました・・・」

 実は数人、教室がどこか迷った方がいた。年に数回しかこない学校というのは親御さんにとって迷路のようなものかもしれない。特に大規模校ほどそうだ。「案内板も見あたらず・・・」と言われると、確かにそうだ。教師は親が我が子の教室はわかっていると思っている。でも考えてみたら、赴任した最初は迷った経験もある。この点ではもっと親切であってもよい。

3 作文「通知票から考える」

 今回子どもたちに通知票配布直後、10分ほどで作文を書かせた。子どもたちの声を親御さんに伝えたいということもあるが、私自身も知りたかったからである。一人一人の思いがわかって有意義だった。これからも続きそうだ。

|

« 我が校のホームページ | Main | 更新休止のお知らせ »

Comments

ありがとうございました。通知票を配布した直後、子どもたちはあれこれ考えます。一気に書いていました。「家の人も見ます」と言わないとブーイングが後から来るかもしれません。(書いている途中で言ったら、明らかに内容が変化した子がいました)

Posted by: サトマサ | 2004.12.23 10:39

偶然にこのページにたどり着いたものです。
これから個別懇談を迎えます。
とても参考になりました。
特に、『3 作文「通知票から考える」』やってみようと思っています。

Posted by: たまちゃん | 2004.12.23 10:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 面談から思う:

« 我が校のホームページ | Main | 更新休止のお知らせ »