« 絵本から版画題材の教材開発 | Main | 教え子に励まされて »

2005.01.12

プレゼン基本原則を学ぶ

プレゼンの基本原則のいくつかを改めて学んだ。

1 聞き手を意識してプレゼンする
  見るのは原稿ではなく聴衆。ターゲットを決めて。
2 スライドの文字は大きく
  発表資料をそのまま掲載したのは見えない
3 デザインが逆効果に
  デザインに凝リ過ぎると肝心の文字が見えなくなる場合がある。
4 時間は守る
  オーバーした分はしわ寄せがどこかに行く。
5 エピソードを入れる
  具体的に授業場面がイメージできる
6 失敗やユーモアも入れる
  実践には失敗もつきもの。それを紹介すると聞き手もホッとすることが多い。ユーモアも同様。
  
「伝える」という意識があればプレゼンに様々な工夫ができるだろう。

|

« 絵本から版画題材の教材開発 | Main | 教え子に励まされて »

Comments

具体的で分かりやすかったです。今度プレゼンをするとき、この7項目で自己評価してみます。

Posted by: みやくん | 2005.01.13 at 07:10

ありがとうございます。これは某研修会から感じたことです。これ以外にも重要な原則はいくつかありますね。追究してみます。

Posted by: サトマサ | 2005.01.13 at 08:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/2552275

Listed below are links to weblogs that reference プレゼン基本原則を学ぶ:

« 絵本から版画題材の教材開発 | Main | 教え子に励まされて »