« プレゼン基本原則を学ぶ | Main | 社会科教科書を見る時 »

2005.01.13

教え子に励まされて

ホームページを作ってよかったと思うことの一つは、教え子からのメールが時々あることだ。昨日、初任の教え子からメールがあった。20年前。3年生の担任だった。あの時の子どもたちはもう28歳だ。

「先生のホームページはじめて見ました。20年くらい前のうちらの事まで書いていて、楽しくそして懐かしく読ませてもらいました。」

私のホームページには「佐藤学級の記録」をアップしている。4年目で止まったままなのだが、初任の子たちは読むことができる。

「俺が小学校3年の時に入院していた病院までバイク(確か黄色の?)で来てくれた先生。あのときはとてもうれしかったっすよ。悪いことをすると、目を真っ赤にして怒っていた先生もなつかしいなあ。」

この子との出会いは病室だった。黄色いバイクで正解。自分に力がない時代で子どもたちを怒ることも多かった。子どもたちはよく覚えているものだ。

「先生の教え子に対するあつい気持ちとてもうれしく思います。今ごろになって、先生の教え子に対する気持ちが分かりました。先生のがんばりを見て、俺もさらにがんばる気持ち持たせてもらいました。」

これはホームページで伝えているからこそ、わかったことである。ホームページは教師と教え子を時間を越えてつなぐ。そして教え子以上に私自身ががんばる気持ちを持った。教え子のがんばりぶりに励まされる・・・・教師という職業の嬉しさ・ありがたさである。

|

« プレゼン基本原則を学ぶ | Main | 社会科教科書を見る時 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 教え子に励まされて:

« プレゼン基本原則を学ぶ | Main | 社会科教科書を見る時 »