« 今年はどんな活動が? | Main | 土台作りに力を注ぐべき »

2005.02.10

世界の国旗

 「世界の国々」の学習の発展で国旗の授業を行った。ワークテスト後の25分で行う。学級通信に書いたまま紹介をする。

----------

 世界の国々の学習,特別編です。国旗についての授業をしました。教科書にも書かれているものです。
 まずはアメリカ合衆国の国旗を示して聞きました。「50の星は,昨日の道徳で学習したように今の50州を示しています。では,赤色と白色の線は何を表していると思いますか。」
 子どもたちはもちろんわかりません。これはズバリ答えを教えました。
「赤色の線は勇気を、白色は清らかさを表しています。」

 こんな感じで、「国旗の確認」「国旗に示されている意味を考える」というパターンで、次々といろいろな国の学習をしていました。
 今度は、カナダとスリランカの国旗について聞きました。
「カナダの真ん中にある模様は何でしょう」
「ひいらぎ?」
「これは、『さとうかえで』という葉です。木から甘い液が出てきて、飲むことができます。どうしてこのような模様にしたのでしょう。」
「カナダにその木が多いから。」
「そうです。カナダでは、国を開拓した当時、その液を吸って飢えをしのいで国を作ったからです。」

 スリランカの動物はいろいろと出てきました。「虎」「シーサー」「らくだ」「ライオン」等々。これは、国ができた当時の王が「獅子王」と呼ばれたことにちなんでいます。

 これらの例の他にも、ヨーロッパには十字架にちなんだ国旗が多いこと(これは子どもたちがキリスト教に関係あるとすぐにわかりました)、オーストラリアとニュージーランドがイギリスと関係が深いために、イギリスの国旗の一部が使われていること等、いろいろな国旗の由来について学びました。
 最後に日本の国旗についても「日章旗と言われている」「中の赤い丸の直径は縦の長さの5分の3と決められている」といったことを説明しました。
 そして、子どもたちに聞きました。

 それぞれの国旗の色や模様には何があると言えますか。
 
 「象徴になっている」「特色がある」「歴史がある」・・・といった反応が子どもたちから出てきました。その後書かせた感想からも次のように「新しいものを学んだ」ということが多く出てきました。

・日本の国旗にも,長さや形が決まっていたのでびっくりしました。
・今日は国旗のことを知って,すごく意外なことがたくさんあって驚きました。もっとくわしく知りたいです。
・国旗には国の特徴などが表れていることを初めて知って,あんなに深い意味があるなんて驚きました。

 今回は発展的な学習です。子どもたちにとって学びが多い学習でした。

----------

 活用した国旗のサイトはこちら。かつてはコンビニで時間とお金をかけてカラーコピーしたものだった。今日はものの10分ほどでプレゼンソフトであっという間に教材ができた。便利さを実感。

|

« 今年はどんな活動が? | Main | 土台作りに力を注ぐべき »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 世界の国旗:

« 今年はどんな活動が? | Main | 土台作りに力を注ぐべき »