« 自分に欠けている「地道さ」 | Main | 6年生を送る会感想 »

2005.03.01

うまく行っている時に次のことを考える

この頃朝のニュースでは必ずといっていいほど,堀江貴文氏のことが取り上げられている。
休日もテレビによく出演をしている。まさに時の人だ。もっともその活動ぶりを伝えるのではない。

2005年の会の2日目の朝,温泉に入った後に部屋に戻ったら堀江氏のインタビューが入っていた。その中でなるほどと思ったのは,「うまく行っている時にこそ,次の手を考える」ということである。うまく行っている時には,現状に満足しがちでそれが成長を止めてしまう・・・そういう意味のことを話していた。

次の手や対策を考えるのは,何もうまく行っていない時のことではない。今,「うまく行っているか,どうか」といったら,うまく行っている方であろう。だったら次の手を考えよう。
有田先生は「授業は布石の連続」と言っているが,これは仕事も同様と考える。共通するものがあるなあ。

|

« 自分に欠けている「地道さ」 | Main | 6年生を送る会感想 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/3131538

Listed below are links to weblogs that reference うまく行っている時に次のことを考える:

« 自分に欠けている「地道さ」 | Main | 6年生を送る会感想 »