« また一冊 | Main | またまた一冊 »

2005.03.14

ITは〇〇

 授業におけるITの役割について、いろいろな表現がある。
 印象に残っているのは「ITは名脇役」という言葉だ。一昨年の放送教育全国(沖縄)大会で堀田先生の話の中にあった。テレビを見ながら「なるほど」と唸った。ITは主役ではない。脇役だ。でもそれは、どうでもいい脇役ではない。全体をレベルアップする名脇役なのだ。

 さらに「ITは授業のアンプ(増幅装置)」という表現も見つけた。毎日インタラクティブの記事である。確かに教師にとっては教え方を増幅するものだ。子どもたちにとっては集中度や理解度を増幅させるものだ。もとの音がよくて、アンプの活用も上手なら最高の音となる。それが最高の「授業」である。
 もっともアンプだけでは機能をしない。もととなる授業があってこそのアンプである。それがないと、アンプもただの機器に過ぎない。このようなたとえもわかりやすいなと思う。

|

« また一冊 | Main | またまた一冊 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ITは〇〇:

« また一冊 | Main | またまた一冊 »