« ITは〇〇 | Main | あと2日 »

2005.03.15

またまた一冊

一昨日に続いて共著の紹介である。
たんぽぽ出版の「すぐにつかえる授業ハンドブック」(家本芳郎編著)だ。
この春の共著、5冊目。昨年度書いた時期は違うのだが、新学期は教育書のシーズンということでそれぞれ発売である。

さて、この本だが、まさに授業の「ハンドブック」である。「読む」というよりは、教室に置いておいて必要な時に「調べる」という感じだ。私の知識が広がったのは、ミニコーナーのコラム。「教科書のおろし方」「クレヨンの使い方」「消しゴムの使い方」といった項目が掲載されている。このようなことは考えたことがなかった。
有田先生が水沢小に来られた時にチョークについて言及されていた。「固すぎて書く音が大きい」ということだった。確かに柔らかいチョークは書きやすい。ちょっとしたことにもこだわりを持つ必要性を感じている。

その点、この本では授業の基礎的なことについて、そのこだわりを解決してくれるものだと思う。ぜひ教室に置いておきたい一冊である。

アマゾンにはまだ掲載されていないようだ。掲載されたらまた紹介したい。

|

« ITは〇〇 | Main | あと2日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference またまた一冊:

« ITは〇〇 | Main | あと2日 »