« 所変われば・・・ | Main | 離任式パフォーマンス »

2005.03.24

アンケート統計の見方

例年恒例の某アンケート。担当者として今年が3回目だ。
設問、例年ほとんど変わらない。しかし、今回「あれっ?」と思ったところがあった。
あるスキルを調べる設問で、今までだったら「下のうち2つ以上ができれば、『できる』に該当」というものになっていたのだが、今年はそういう制約が外れていた。
となると「できる」の割合が当然高まる。「あることのパーセンテージを高める意図があるのか」と思ったが、むしろ今までのハードルが高く世間の誤解があったので、このようにしたと解釈した。その結果が出た時に「割合急上昇」という見出しが出ても、このような背景があってアップしたのだと考えよう。

以前新聞で、あることについて賛成と反対を聞いたアンケートがあった。
賛成がおよそ8割。反対が2割。新聞には賛成の人の理由のパーセンテージと、反対の人の理由のパーセンテージが出ていた。どちらも同じ大きさのグラフでそれらが掲載されていた。
しかし、人数比で言えば賛成の40%と反対の40%は同じではなく、「4:1」だ。
「新聞のグラフのみ注目している人は、賛成と反対が拮抗しているように見えるだろうなあ」と思った。

このような統計の見方について、某プロジェクトで実践をすることになっている。身近なところにも題材が転がっていそうだ。

|

« 所変われば・・・ | Main | 離任式パフォーマンス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/3422774

Listed below are links to weblogs that reference アンケート統計の見方:

« 所変われば・・・ | Main | 離任式パフォーマンス »