« 教育情報化の現況 | Main | 共著発売 »

2005.03.27

有難い職業

年度末。
担任していた子どもたちや保護者とのお別れの時だ。
子どもたちからの手紙は本当に有難く読ませてもらった。離任式やPTAの送別会等でも有難い言葉や手紙をいただいた。メールもいただいている。教師冥利を感じる時だ。

「教師は、仕事としてしているのに『ありがとう』と感謝される。有難い職業だ」
と同僚が話すのを「そうだよなあ」と思って聞いたことがあった。
むろん、この職業に胡座をかいているわけではない。
一生懸命に取り組んだ結果として、そうならなければいけないと思う。
今年度の反省点はむろんいくつもある。それらを踏まえ、来年度の取り組みを考えていこうと思う。子どもたちや保護者の皆様の有難い声を励みにして。

|

« 教育情報化の現況 | Main | 共著発売 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/3462142

Listed below are links to weblogs that reference 有難い職業:

« 教育情報化の現況 | Main | 共著発売 »