« 共著発売 | Main | 教室にどれだけ本を置いたか »

2005.03.29

授業開き用フォーマット

ようやく4月号の雑誌を読んだ。
4月号はスタートの号だけに力を入れた特集が多いと感じた。
そのうち「社会科教育」の特集には唸った。「授業開き用フォーマット」の特集である。
「フォーマット」という言葉が魅力だ。内容を見ると、ワークシートのような感じがするが、ワークシートとは違う。あることを学習するために必要な基礎的なスキルを、そのフォーマットを活用して身につけることができるしくみになっている。たとえば円グラフだったら、必要条件として「タイトル」「出典」「年度」を書くスペースがある。そして割合の読み方として、「円グラフの傾向」について解説がある。そして実際に分析・総合をすることになっている。

このようにスモールステップで読み取ることが必要なのだが、今までは教師が指示をしながら行っていた。ところがこのようなフォーマットがあり、これをノートに貼るだけで学び方を何度も一人で学ぶことができる。つまり、円グラフが出たら、このフォーマットを見て自学することが可能なのである。

新学年では新しい技能も一からスタートである。ぜひ活用したいと思った。

|

« 共著発売 | Main | 教室にどれだけ本を置いたか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/3490507

Listed below are links to weblogs that reference 授業開き用フォーマット:

« 共著発売 | Main | 教室にどれだけ本を置いたか »