« 継続は・・・ | Main | 学級文集 最終コーナーへ »

2005.03.09

岩手にも・・・

昨日、岩手の小学校に不審者が侵入という事件があった。
刃物等は持っていなく、動機も不明。しかし、ローカル各局ではこのニュースをどの局でも放送していた。
さらに今日は、この事件を受けて、該当の市の臨時校長会議を開いたということ、事件学校の隣の小学校での不審者対策(急遽開いたのと思われる)訓練の様子等のニュースが流れていた。
一つの事件の波及は大きい。

これが「岩手県の学校の安全対策」の契機となってくれれば有難いことだ。設備面での充実、人的な配置(警備員)等が一番。しかし、教育予算が削られる中、それは難しいだろう。
となれば、「現状の現場でできること」が「対策」となる。見回り、戸締まりの機会が増えることだ。今まで以上に訓練も必要となってくるであろう。「安全対策だから当然のこと」と思いつつ、子どもたちのための時間が削られていく。うまくいっている対策案を知りたいものだ。

|

« 継続は・・・ | Main | 学級文集 最終コーナーへ »

Comments

佐藤先生、いつも愛読しています。
学校の安全管理については考えさせられることが多くあります。
しかし「職員ができること」とそうでないことの区別があまりされてないようで
繰り返し報告書や対策を書かされる立場としては
非常にロスが多い気がしてなりません。
秋田市のように全学校警備員配置となれば
かなり大きな前進と思うのですが。

Posted by: spring | 2005.03.10 at 05:58

ご無沙汰しております。コメント、ありがとうございました。
「職員ができること」とそうでないことの区別・・・確かにそうですね。教員は警備のプロではありませんしね。
秋田市の警備員配置はうらやましいです。一番の対策は警備員配置だと思います。教員も子どもたちに注ぐ時間も増えます。

Posted by: サトマサ | 2005.03.10 at 17:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/3237561

Listed below are links to weblogs that reference 岩手にも・・・:

« 継続は・・・ | Main | 学級文集 最終コーナーへ »