« 2005年みちのくの会終了 | Main | 教師のための「聞く技術」入門 »

2005.04.01

教師にとっての元旦

平成17年度の始まりである。
教師にとっては元旦。今年度の実践や自分の活動の視点を書こう。

1 社会と情報教育の融合を図った実践を行う。
  情報テキストプロジェクト・メディつき学習・シティサクセス助成が関連している。それ以外にも実践を蓄積して、今年度の最重要実践と位置づけたい。

2 新たな学級づくり・授業づくりの実践
  今年出会う子どもたちとの学級づくり。楽しみだ。学級通信は今年も日刊を目指す。

3 ITを活用した実践の蓄積をする。
  これについては書籍・プロジェクト等が発表の場となる。

4 「地域のよさ・日本のよさ」+社会科教材開発を進める
  自分が今まで継続してきたもの。自分のweb、メルマガの連載が発表の場となる。

5 校内研・社会科部会の新たな理論・実践作り
  公開が10月にある。それに向けて、今までの社会科教育を見直すつもりである。

6 新しい教育の試み
  現在予定しているのは学習ゲームと食育プロジェクト。どちらも発表の場がある。

7 所属する教育団体の活動に力を注ぐ
  みちのく情報教育フォーラム、授業づくりネットワークの活動

8 学会発表をしたい
  未経験。夢を叶えたい。

9 地元でのセミナー・プロジェクトを主宰したい
  昨年度に引き続き、いくつか行いたい。

ちょっと欲張って書いたが、同時進行の方が相互の仕事に刺激になってよい。そして、自分にとってはそれぞれ大切なものなので、精度を落とすものは1つも作らないつもりだ。取り組むからには自分の精一杯の力で取り組む。
しかも、これらは全てアウトプットの場がある。その過程で今年もいくつかの編著や共著も生まれる予定だ。

|

« 2005年みちのくの会終了 | Main | 教師のための「聞く技術」入門 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/3526325

Listed below are links to weblogs that reference 教師にとっての元旦:

« 2005年みちのくの会終了 | Main | 教師のための「聞く技術」入門 »