« 朝日新聞に掲載 | Main | 事務仕事は雑用ではない »

2005.04.04

「伝わる・揺さぶる!文章を書く」

今日紹介をするのは「伝わる・揺さぶる!文書を書く」(山田ズーニー著・PHP新書)である。
プレコン全国大会の企業プレゼンで紹介されていた著書である。

小論文指導のプロだっただけあって、その視点は鋭い。一番役にたったのは実践編。「上司を説得する」「お願いの文書を書く」「議事録を書く」「お詫びをする」「メールを書く」といったように、自分があまり書かないジャンルの文章のコツを学んだ。
特に「メールを書く」では新たな視点を得た。「相手にとっての意味を決める」というものである。たとえば、「お読みいただくだけで、特に返信はいりません」「お忙しかったら読み飛ばしてください」といったことを添えれば、相手は自分にとっての「メールの意味」が明確になる。
ここまで考えて自分はメールをしていなかった。考えてみれば、これと似た表現のメールは今まで受け取ったことがあった。印象的なメールを書く方々ばかりだ。メールの作法も学ばなければ・・・と思った次第である。

|

« 朝日新聞に掲載 | Main | 事務仕事は雑用ではない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/3562972

Listed below are links to weblogs that reference 「伝わる・揺さぶる!文章を書く」:

« 朝日新聞に掲載 | Main | 事務仕事は雑用ではない »