« 「伝わる・揺さぶる!文章を書く」 | Main | 情報教育担当として »

2005.04.05

事務仕事は雑用ではない

昨年度6年生を担任したので、今年は必然的に新しい学級を担任することとなる。
3年間持ち上がった(一部クラス替えはあったが)ので、3年ぶりの新学級。どのような子どもたちと出会うのか、楽しみだ。
事務仕事も多い。学級名簿作り、各種帳簿用のチェック、健康観察簿、集金袋等々。ハンコを何回ついただろうという感じだ。
でも、それらは雑用ではない。何度も何度も子どもたちの名前に触れることにより、子どもたちの名前を自然に覚えていく。そして、その名前を見て「どんな子なんだろうか」とふと考える。始業前の楽しみである。
大学時代によく読んだ神奈川の村田栄一先生の本に、「担任になったらできるだけ直筆で子どもたちの名前を書くようにしている。名簿も、何でもそうだ。ハンコではなく直接書くことによって子どもたちの名前を覚えるからだ」ということが書かれていたことを記憶している。
そこまではできないが、子どもたちの名前に何度も触れることは嬉しいことだ。

|

« 「伝わる・揺さぶる!文章を書く」 | Main | 情報教育担当として »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/3580878

Listed below are links to weblogs that reference 事務仕事は雑用ではない:

« 「伝わる・揺さぶる!文章を書く」 | Main | 情報教育担当として »