« TDRで思ったこと | Main | 教師力アップセミナー »

2005.04.11

出会い2

子どもたちの出会いの様子を学級通信に書きました。その続編です。

学級通信「ファンタジア」第2号より

 前号の続きです。
 子どもたちの前で簡単に自己紹介です。自分が昨年度まで6年生の担任だったこと、みんなのことは2年生の時から見ていること、家が近所の人もいること等です。
 「何か質問がありますか?」と聞くと、すぐに数人の子の手がさっとあがりました。
「何歳ですか」
「何の勉強が好きですか」
「出身はどこですか」・・・等。子どもたちの担任に対する関心が伺えます。一通り質問が終わったところで子どもたちに簡単に一番伝えたかったことを話しました。

 私が今日みんなに一番伝えたいことはこれです。(子どもたちに示す)
 この一年間、しっかりと「力をつける」ようにがんばってほしいということです。「力」といっても「勉強する力」だけではありません。体力もあるし協力する力もあります。また1つのことを続ける力、集会を開く力、思いやりを持つ力など、いろいろな力があります。それらをしっかりと身につけてほしいのです。
 話した時に、子どもたちの目を見渡しました。子どもたちの真剣な眼差しを感じました。同時に「新しい学級でしっかりとやっていこう」という気持ちも感じ取ることができました。

 そのことがわかったのが、いろいろな仕事での子どもたちの積極的な活動ぶりです。
最初に教科書の運搬です。理科室から持ってくる時に「運びたい人はついていらっしゃい」と言ったら、半分ぐらいの子が一緒に来ました。
 次に掃除。名簿順に5つの班を決めました。教室、トイレ、うば杉ホール、玄関、校長室(写真の通り。さすがに緊張をしていました)。初めての掃除区域もありましたが、一生懸命に掃除をしていました。
 また、この日は入学する一年生のための教室掲示の手伝いを5年生がすることになっています。13人です。「帰りが遅くなりますよ」と言ってから希望者を募ったのですが、立候補者が14人。全員に手伝いに行ってもらいました。
終了時点で昨年度の4年1組担任だった幸恵先生から「みんな一生懸命に手伝ってくれました」とほめられました。
他の子たちも入学式のための体育館の椅子並べをがんばりました。ふとある子を見ると、額には汗が。そのがんばりぶりに拍手です。

 子どもたちとの出会いはこのような感じです。「これから一緒にいい学級を作れそうだ」・・・・毎日を過ごすことが楽しみになってきました。
次号からは授業や一人一人のことについても紹介します。

|

« TDRで思ったこと | Main | 教師力アップセミナー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 出会い2:

« TDRで思ったこと | Main | 教師力アップセミナー »