« 勢いを与える仕事ぶり | Main | ショック!「その日」が来てしまった »

2005.04.20

学習ゲームにも必要な発問

今日、社会の時間に都道府県3クエスチョンゲームを行った。
私のオリジナルの、しかも地図活用の定番のゲームである。

■ゲームのやり方
 (1) 教師が画用紙に答えとなる都道府県名を事前に書いておく。
 (2) 子供たちが答えの都道府県に関わる質問を3つする。
 (3) 教師が質問に一つずつ答え、それを手がかりに子供はその都道府県を予想して発表する。
 (4) 教師が答えを発表する。(以上を3問~5問程度繰り返す)
   全問正解者に大きな拍手をする。 

具体的な子どもたちの反応はこちらにある。(以前の記録)

この学習ゲームは、ただ単に「楽しく覚える」といったパターンだけではないところがよさだと思っている。
一番は考える要素が多いという点である。
たとえば、どのような質問をどう工夫するか考えるだけでも、けっこうおもしろい。これは、ゲームの途中で「どのような質問をすればいいヒントが引き出せるでしょうか」と考えさせた。子どもたちの質問が工夫されたものになった。
学習ゲームをより質の高いものにするためにも、効果的な発問は必要なのである。

それにしても子どもたちの盛り上がりぶりはすごかった。随時組み入れていこう。

|

« 勢いを与える仕事ぶり | Main | ショック!「その日」が来てしまった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/3784741

Listed below are links to weblogs that reference 学習ゲームにも必要な発問:

« 勢いを与える仕事ぶり | Main | ショック!「その日」が来てしまった »