« 「読む」ことの大切さ | Main | 紹介されました »

2005.05.12

同僚から学ぶ

運動会練習のピークである。今日は運動会予行。寒い中で子どもたちはよくがんばった。教室のヒーターが本当に気持ちよかっただろう。

さて,運動会練習は全て学年合同の授業だ。4クラスの担任が,それぞれ分担しながら指導する。つまり同僚の皆さんの指導を見ることになる。私以外の3人は30代前半。自分のその頃は,「仕事がおもしろい」と感じていた時期だ。
その先生方の指導を見て学ぶことが多い。「子どもたちへの趣意説明が的確」「図解で提示はわかりやすい」「メリハリがある」「この笑顔なら子どもたちも安心する」等々。自分を振り返る機会にもなる。

年齢を重ねるにつれて,いつしか年上より年下の同僚の方が多くなってきた。年齢を重ねれば自分が指摘されることは少なくなる。年上への遠慮だ。自分も遠慮していたからよくわかる。その点を自戒して同僚から学んでいきたい。

|

« 「読む」ことの大切さ | Main | 紹介されました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 同僚から学ぶ:

« 「読む」ことの大切さ | Main | 紹介されました »