« 北海道と沖縄県の米作りのアンケート | Main | 新メルマガ創刊 »

2005.05.26

詩の授業

5月になってから「子どもたちが学び合ったなあ」「深まったなあ」というような手応えのある授業が増えてきた。そのことは学級通信にも書きやすい。
今日紹介するのは詩の授業である。

学級通信「ファンタジア」 第30号

 詩「晴間」 (実際の詩は学級通信に書いているが,ここでは略)

 最初読んだだけでは子どもたちにとってはわかりにくい詩です。でも,わからないということは逆にわかった時の喜びが大きいです。学習が深まります。この詩も話し合いで深まりました。

 最初に何回か音読し,詩を写します。基礎作業としてこのようなことはとても大切です。写した詩を読んで間違いがないかどうか自分でチェックをします。わかりにくいところを確認します。
 「をりからに」「遠雷」といった言葉は教科書に説明が書かれていますので,それを読みます。また「雷の音」は「かみなりのおと」とは読まずに「らいのおと」と読むことを確認します。子どもたちから「どうして?」と言う声が出ましたが,「あとでわかるよ」と言いました。
 「いくつの連に分かれていますか。理由は」「季節はいつですか」「時間はいつですか」「どこにいますか」といったことを聞いていきます。これは簡単です。テンポよく子どもたちは答えていきます。

 一連,二連,三連のそれぞれどんな天気ですか。

 「雨」→「激しい雨」→「晴れ」という連ごとの変化をつかませるための発問です。ここで二連で「激しい雨の理由は何ですか」と聞くと,「『打ちまじり』だから強いことがわかる」「草が鳴るぐらいだからよほど強いはずだ」といった答えが出てきました。いいところに注目をしています。

 『色を見よ』とあります。見えるのは何色でしょう。

 ほとんどの子が「水色(青空の色)」と考えました。さらに付け加えで「木々の緑色も見えたはず」「あざやかな日光だから白も見えたのではないか」という意見も出ました。その違った解釈に子どもたちも納得です。
 最後に再度通して読みました。

 読むとリズムがあります。なぜでしょう?

 たくさん意見が出てきましたが,決定打は出ません。「文字数を数えてごらん」と言いました。「全部五文字だ!」「本当だ」「すごい」という感心の声が次々と出てきました。

・この詩をかいた三木さんは,リズムをよくするために5文字ずつ書いていてびっくりしたし,感心しました。
・今日は詩のことを勉強して,いろいろなことを学びました。最初何を言いたいのかがちょっとよくわからなかったけど,勉強してみたら意味がわかったので,よかったです。楽しかったです。
・詩を習うと最初は,何がなんだか分からないときもあるけど,今日は考えたながら読んだり,みんなで考えたので分かって楽しかったです。

 本当にいい学び合いになったと思います。

|

« 北海道と沖縄県の米作りのアンケート | Main | 新メルマガ創刊 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/4292437

Listed below are links to weblogs that reference 詩の授業:

« 北海道と沖縄県の米作りのアンケート | Main | 新メルマガ創刊 »