« 課題もクリアーに見えてくる | Main | 日経ビジネスAssocie »

2005.06.25

ノート本感想メール

少しずつであるが,「ぐんぐん伸びる学力のつくノート指導のコツ」の感想メールが届いている。紹介をする。(事後承諾になりますが,メールをくださった皆様,一部分を掲載させてくださいね。)

・自分自身、ノート指導には苦手というかあやふやなことがあるので、この本を片手に指導していきたいと思います。項目の立て方、整理の仕方がさすがだと思います。

・非常に読みやすく,主張が明快で,分かりやすいです。右半分がイラストで,やはりこの構成は読みやすいですね。

・とてもよかったです。これまで自分が何となくやってきたことが整理された気がします。参考になったことがいくつもあるのですが、特に「写し方のルールを作る」「感想やまとめにも見出しを」「キャラクターを生かす」は、明日からさっそく実行したい内容でした。キャラクターは、女子に比べてノートの整理が苦手な男子も喜んで取り組みそうです。「こうしなさい。」とただ言うだけでなく、こうして楽しく取り組めて力がつくのがいいです!

・ノート指導に限らず,普段の授業に向かう姿勢についても参考になる内容だなあと思いました。教室に置いて,普段の指導の中で使わせてもらおうと思います。

 著者へのメールということで,多分にリップサービス的な面もあるだろう。でも,このような感想メールは著者の何よりの励ましになる。ありがとうございます。

|

« 課題もクリアーに見えてくる | Main | 日経ビジネスAssocie »

Comments

今日、さっそくノート本の中の「キャラクターを生かす」を使って、社会の水産業のまとめを一人一人にさせました。
まとめるというより文章を書いている子どもが多かったのですが、「番号を打って一つ一つを短く」とか、「枠を使って読みやすく」とか、おかげさまで適切な指導ができました。

Posted by: よっしー | 2005.06.27 at 22:52

よっしーさん,ありがとうございました。本が役立ったようでホッとしています。「これはうまくいかなかった」という報告も,あったらぜひお知らせください。改善点があってこそ,自分の力も高まりますので。よろしくお願いいたします。

Posted by: サトマサ | 2005.06.27 at 23:05

ノート本購入しました。(しかも発売日前かな、6月17日@八重洲ブックセンター。)

前著と同様に、右頁を見ればメインアイディアをゲットできる!なかなかのものだと思いました。使えそうなところには、もうベタベタと付箋をつけて、いつでも開けるようにしていますよ。そして、この本をもとに、自分のクラスで使えるように、プリントも作成中です。(題して" Taking Good Notes" 普通ですがー笑。)

来年から、この本がブサブサになるまで、ノート指導をマスターするまで使わせていただきます。

日本に帰って、バタバタして、結局メールすることができませんでした。すみません。次はいつ日本に帰国になるかわかりませんが、それまで、ブログやメールで情報交換をしていただけると幸いです。これからもよろしく御願いします。

Posted by: 先生志望@コロラド | 2005.07.16 at 02:29

ご購入、ありがとうございます。ボロボロになるまで使われれば本にとっては逆に有り難いことでしょうね。一回読んで終わりの本の方が私の場合は多いです。情報交換、どうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: サトマサ | 2005.07.16 at 05:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/4706880

Listed below are links to weblogs that reference ノート本感想メール:

» Buy online cheap and fast tramadol. [Buy cheap tramadol at online drug store.]
Buy tramadol online cod. Buy online cheap and fast tramadol. Cheapest tramadol available online. [Read More]

Tracked on 2007.05.11 at 08:27

« 課題もクリアーに見えてくる | Main | 日経ビジネスAssocie »