« 説明を加えることの重要さ | Main | 行事を節目に・・・ »

2005.06.22

がんばれ!子どもたち

学級通信「ファンタジア」 第48号 より

■ 調理実習,がんばれ!

 「調理実習,がんばれ!」というのも少し変なタイトルなのですが,わたしの気持ちはこのような思いでした。
 家庭科で昨日調理実習をしました。子どもたちにとっては,家庭科の調理実習は初めて。今まで学校でカレー作りをした経験があっても,それらは家庭科としてではありません。
 今回は簡単な野菜サラダを作るわけですが,包丁やまな板の使い方,調理のしかた,片づけ方を学んだ後の実習です。しっかりと学んだ成果を実習で発揮しなければいけません。
 さらに林間学校の直前です。林間学校では子どもたちの力でやり切る野外炊飯があります。その練習も兼ねています。
 だから「がんばれ!」というわけなのです。

 さて,実際の実習。準備,包丁の使い方と順調です。ポイントとして,子どもたちに言っていたのは,「同時にいろいろなことをすること」です。たとえば,誰かが野菜を切っているのなら,別の人はなべでお湯をわかすというようにです。
 いわば「同時進行」なのですが,予想以上に子どもたちは上手に行っていました。片づけも自分たちの担当のところはしっかりと行っていました。
 「これだったら,林間学校の野外炊飯は大丈夫」と思いました。

■ さあ,本番です

 いよいよ明日から林間学校です。
 子どもたちの事前学習は順調に進み,林間学校のために身につけるべきことのほとんどは学習しました。
 子どもたちの成長で見張るのは,式や集いでの態度です。林間学校の中ではいくつかの式や集いがあります。整列・気をつけ・座り方・話の聞き方・移動のしかた等も大事な学習の一つです。
 林間学校の取り組みで最初の頃はざわついて並んだり,整列も上手にいかなかったりしていました。それが終わりの頃になるとすばらしくなりました。

 それに比べて,最後まで苦労したのが学級ごとの「出し物」です。

1 大声で「ぼく・わたしの主張」
2 お笑いネタ
3 みんなで歌「花」

 難しかったのが1と2。自分たちで考えたネタが吟味されると,「なかなかネタがない」ということで考えるのに一苦労でした。それでも,みんなのアイデアで何とか最後まで通しました。
 いよいよ明日が本番!楽しみです。

|

« 説明を加えることの重要さ | Main | 行事を節目に・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/4664316

Listed below are links to weblogs that reference がんばれ!子どもたち:

« 説明を加えることの重要さ | Main | 行事を節目に・・・ »