« 私の教材開発物語49回 | Main | がんばれ!子どもたち »

2005.06.21

説明を加えることの重要さ

今日は我が子(小学生)の地区懇談会。
といっても勤務校と同じだから,教師の立場でもあるのだが,今回は保護者として参加させていただいた。立場上,聞くだけにしようと思っていたが,途中で指名されて結局学校側からの話をしなければいけなかった(^^;

保護者からのもっともな発言が多く,「なるほど」と思いながら聞いていた。
同時にいろいろな行事について,もっとその「なりゆき」を事前に通信等で説明する必要を感じた。たとえば,修学旅行がなぜこの時期,曜日なのか。これには明らかな理由がある。それについて通信には書かないであろう。
しかし,保護者から見ればそれがちょっとした疑問な場合がある。それについて説明を加えるだけで,ずいぶんと情報の受け取り方が変わるのではないかと思われる。

また,こういうことこそITを使いたいと思う。保護者との連携のためにITを使っている学校の事例はきっとあるはずだ。

|

« 私の教材開発物語49回 | Main | がんばれ!子どもたち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/4652974

Listed below are links to weblogs that reference 説明を加えることの重要さ:

« 私の教材開発物語49回 | Main | がんばれ!子どもたち »