« 参観日の授業 | Main | 子どもたちへの電話 »

2005.07.11

ノート本・その後

拙著「ぐんぐん伸びる学力のつくノート指導のコツ」(ひまわり社)が発売されて3週間。一気に・・・というわけではないが、少しずつ売れている。メールでの感想も好評。前著と違うのは何人かの保護者の方に購入していただいたり(webをご覧になって)、アマゾンランキングが1万前後をキープしていたりしていること。
 
さて、今日「授業づくりネットワーク」8月号が送られてきて驚いた。
このノート本の書評が掲載されていたからだ。自分が編集委員(といっても会議にはほとんど参加できない)で関わっていたからか、急遽紹介された。(月刊雑誌なのにこのスピードはすごい)
少し抜粋する。

「内容は至って明快。ノート指導をする上で必要となるアレコレの教育技術を3つのコツとイラスト・写真によってわかりやすく解説している。速読即解本である」

確かに「速読即解本」という表現がぴったりだ。同じインパクト・内容なら、短い読書時間で与えられるのがよい。そのような本にならないかな・・・と願う。いずれ、このように多くの方に広めていただけることに感謝。

|

« 参観日の授業 | Main | 子どもたちへの電話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/4930767

Listed below are links to weblogs that reference ノート本・その後:

« 参観日の授業 | Main | 子どもたちへの電話 »