« 2学期の3・4日目 | Main | 今週の本棚 »

2005.08.27

場面設定の重要さ

授業成立プロジェクト(私はメールマガジンを担当)のリーダーの上條晴夫さんから、「教材開発優先型から場面設定優先型へ」という話を伺ったことがあった。これは教材開発を行い、工夫した発問をして・・・・というような授業を多く実践していた自分にとって、考えなければいけない話だった。

昨日、改めてそのことを感じた。インタビューのしかたの授業で、質問を考えて隣の人にインタビューをする場面を設定した。ノートに質問を書かせたが、どうも子どもたちのスピードが遅い。子どもたちは書くより即質問したかったのだ。そこで急遽ゲーム化する。「連続質問ゲーム」と勝手に名付けた。大いに盛り上がる。場面設定を変更したからできたことだった。

確かに教材開発は魅力的だ。この間の雪エネルギーの授業など、その典型だ。ただ、「応用性」ということを考えたら「場面設定」も改めて重視して授業構成をしなければと思う。そう感じた。(両方を合わせればベストなのだろうが)

|

« 2学期の3・4日目 | Main | 今週の本棚 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 場面設定の重要さ:

« 2学期の3・4日目 | Main | 今週の本棚 »