« 企業HPを生かす | Main | 動機づけの必要性 »

2005.08.03

やはり子どもは学校が好き

今日は学習会とプール当番。
夏休み期間中だが、子どもたちとふれあうことができる日だった。
学習会には5人、プールに来た学級の子は4人。決して多くはない数字だが、その分、ふだんより十分に子どもたちと話すことができた。(いつもこうだといいのになあー)

その他にも、和太鼓クラブの子たちが休憩時間にわざわざプールに来て「先生!」と顔を見せにきた。また、「昨日、先生がプール当番だと思ってきたら、いなかった・・・」と言われた。プール当番を変更していたためだ。何とも人なつっこい子どもたちである。

夏休みだから子どもたちは家庭に返すべきと思っている。しかし、現実は返す家庭でも共働きで、暇をもてあそぶという子もいるだろう。「返す家庭」がないのであれば、学校で学習会に参加したり、友達とふれあったりする方が生活リズムの点からも生産的だ。
地域の各種団体では、夏休みにいろいろなイベントを行っている。それらに参加する子どもたちも多い。しかし、都合が悪かったり、条件が合わなくて参加できない子も多い。やはり学校で行う活動が子どもたちが一番参加しやすいであろう。その点では、夏休みの学校や学級の活動もどのような形がいいのか、検討していく必要があると感じた。

|

« 企業HPを生かす | Main | 動機づけの必要性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/5300041

Listed below are links to weblogs that reference やはり子どもは学校が好き:

« 企業HPを生かす | Main | 動機づけの必要性 »