« 自分ブランド | Main | デジタルコンテンツを使った食育授業1 »

2005.09.19

対談の難しさ

今日一つの新しい経験をさせてもらった。
本の「対談」である。
雑誌や本の対談コーナーは自分はよく読む。その人の本音が語られているものが多くおもしろいからである。同時に、「語るべきもの」がないと難しいんだろうなあ・・・と思っていた。

さて、自分がその立場になってみると・・・やはりそうであった。自分の主張、考えが日常的に表現できていないと思っていることは語るべきものには転化しない。難しい。つくづく感じた。これは考えだけではない。自分の実践を語る時だってどうだ。相手がイメージがわくように語ることの難しさ。

そう考えると対談やパネルディスカッションをする人、コメンテーターというのは本当に難しい仕事をしているのだと思う。今後に役立ついい経験をさせてもらった。

|

« 自分ブランド | Main | デジタルコンテンツを使った食育授業1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/6015609

Listed below are links to weblogs that reference 対談の難しさ:

« 自分ブランド | Main | デジタルコンテンツを使った食育授業1 »