« 校長通信 | Main | 今年の水泳 »

2005.09.11

歴史と海外事情

今日は衆議院選挙日。投票後、朝のTBS「サンデーモーニング」で特集を見た。
その中で日本の選挙制度の歴史について紹介をしていた。考えてみれば、選挙制度について自分は中選挙区と小選挙区・比例代表制しか知らない。すると戦前の多くの期間が大選挙区制であったし、戦後も一度は大選挙区制で行っている。合わせてこの選挙区制度を外国の例と比較もしていた。

一つの事象を考える時のヒントになるのが、歴史と海外事情である。その比較により、物事の見方も深まる。大学で「教育学研究室」にいた自分は、「教育の歴史・海外事情」についても少しは学んだ。今日のテレビを見て、改めて勉強をすることは価値があることだと感じた。外国の情報教育の様子を学ぶことも今の自分に必要なことだと思っている。

|

« 校長通信 | Main | 今年の水泳 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/5887312

Listed below are links to weblogs that reference 歴史と海外事情:

« 校長通信 | Main | 今年の水泳 »