« 社会科部会の研究 | Main | 力不足 »

2005.10.13

公開授業

昨日の学校公開の授業について、簡単に学級通信で紹介をします。

学級通信 ファンタジア 103号より

 昨日は教育実践研究会でした。市内の先生方を中心に多くの先生方が参観されました。5年1組にも授業開始前から次々と先生方が教室に入ってきました。取材授業で参観者に慣れているはずの子どもたちも、その人数の多さに緊張していました。
 時刻通り授業開始です。
 今日の目標は、「自分たちが考えた未来の自動車プランを発表し、これからの自動車作りについて考える」というものです。
 授業の前半は子どもたちの発表です。子どもたちは今まで3時間、「今ある問題」「願い」「今開発されている取り組み」「自分たちが考えた未来の自動車プラン」という視点で発表準備をしてきました。分野は「安全」「人」「環境」「リサイクル」の視点のうちのどれかです。
 たとえば、「環境グループ」は次のような内容です。(スライドをそのまま紹介)

 このような内容は子どもたちにとっては新鮮で、感想では「このような車はとてもいいと思う」「地球にやさしい車だと思う」といったものが次々に出てきました。
 これは環境だけではなく、「ハンディのある人にやさしい」「安全・安心で事故を防ぐ車」のプランでも同様です。

 さて子どもたちが発表して終わりではありません。新しい知識を得たうえで次のような発問をしました。

 3つの内容はどれも大事ですね(一つ一つを確認)。では、この中であなたが一番優先したいのではどれですか。

 ポイントは「3つも大事だけど、一つより大事なのを考える」ということです。別に1位を決定するわけではありません。私からすればどれが一番優先させるものになってもいいのです。これを考えることによって、子どもたちが深く考えればいいのです。子どもたちからは、「環境を大切にしたい」ということが一番多く出てきました。

 いずれ子どもたちが頭をフル回転した1時間でした。ノートには1時間の学びがぎっしり書かれていました。複眼的な視点を学んだ授業だったと思います。

|

« 社会科部会の研究 | Main | 力不足 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/6385273

Listed below are links to weblogs that reference 公開授業:

« 社会科部会の研究 | Main | 力不足 »