« 人間性を高める | Main | 公開後も・・・ »

2005.10.16

橋本定男先生の授業

今日の「わくわく授業」は新潟の橋本定男先生の「ホンネでぶつかりみんな納得!」だった。実にいい番組だった。

教師4年目、児童会担当になってから特別活動研究にはまり始めた。様々な実践を試行錯誤をした。そして実践レポートを書いて発表したり(組合の教研が多かった)、出版社に発送したりした。明治図書の初めての原稿は「特別活動研究」誌だったし、初めての年間連載も「特別活動研究」誌だった。
研究していく中ですばらしいキーマンがお二人いた。そのうちのお一人が橋本定男先生だった。ちなみにもうお一人は松永昌幸先生。共に今は校長先生である。
橋本先生の本には本当に学ぶところが多かった。学級会の話し合い活動でのポイント、教師のすべきことが明快に、しかも迫力のある文体で書かれていた。学級会だけではない。係活動も集会活動も、そして学級の諸問題の解決方法も学んだ。直接お会いして話を聞く機会はなかったものの、本から十分に学んだ。

特別活動なら橋本先生である。選んだわくわく授業スタッフに拍手である。
番組の冒頭では校長室に休み時間子どもたちが20人ぐらい集まって、話し合いをしているところから始まる。すてきだ。
実際の授業は橋本先生が行っているものではない。しかし、途中で担任時代のビデオが流れる。4年生の子どもたちがしっかりと自分の考えを言い合っている。キーとなる発言を一人の子が言う。介入する橋本先生。本に出てくるような場面だ。

時間不足を理由にこのごろ特別活動に力を注いでいない自分に十分インパクトがある番組だった。

ちなみに再放送は23日(日)0時40分~ (感覚的には土曜日深夜)。
なお、この23日(日)は私のわくわく授業再放送「立場をかえてみれば」が放送される。

|

« 人間性を高める | Main | 公開後も・・・ »

Comments

私も橋本先生とは古くからのつきあいがあります。
いろんなことを教えていただきました。
20代半ばの私を一人前に扱ってくださいました。
ただ,今回の学級会のよさが理解できませんでした。
りっぱな活動はあったが,指導なし。
そう思いました。

Posted by: DRK | 2005.10.16 at 23:12

コメント、ありがとうございました。私は直接お会いしたことも、話もお聞きしたことがありません。その点ではうらやましいですね。
番組では確かに指導場面は1か所のみでした。事前の仕掛け等も見たかったのですが、これはテレビの限界なのでしょう。時間的にも、内容的にも。

Posted by: サトマサ | 2005.10.17 at 05:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/6427954

Listed below are links to weblogs that reference 橋本定男先生の授業:

« 人間性を高める | Main | 公開後も・・・ »