« 中学生来校 | Main | 授業成立の基礎技術 指名 »

2005.11.17

教師力再生

今月号の教育雑誌をようやく今ごろ読んでいる。14日あたりに毎月届く。職場に地元の本屋さんから届くのが十数冊。郵送されてくるのが5冊だ。職場の雑誌を持ち帰る時に向かいの席に座っていた同僚から、「それ全部先生のですか?」と言われた。まあ、ほとんど毎月斜め読みだ。現在の教育のトレンドは何かを知るにはやはり教育雑誌である。

このごろよく見かけるのは「教師力」という言葉だ。ここ1~2年ぐらいは「教師力」をキーワードにした特集が多い。今月号の「現代教育科学」誌は「教師力の再生への戦略を糺す」である。
注目したのが東京の小学校校長・向山行雄氏の「管理職としての実践」だ。6つの内容が紹介されている。校長のリーダーシップのもとで授業の力をつけるための戦略がわかりやすく紹介されている。
たとえば模擬授業。夏期休業日を利用して行われる。7名による10分間の模擬授業には指定者のコメントと校長のコメント。民間サークルならば珍しくないが、一小学校で行われるのはやはり貴重である。このような授業研究ができる学校にしたいと私も思う。
さらに研究授業の前の校長との教材開発の相談や校長による授業観察記録の合本等、まさに授業者の先輩としての校長の姿が全面に出ている。

それにしても、向山氏の「社会科教育に限って言えば教材開発の意欲や能力は、確かに低下していきているのではないかという危惧をもっている」という言葉には考えさせれる。
管理職ではない自分が何ができるか。社会科教育で何ができるか。走りながら考えていこう。

|

« 中学生来校 | Main | 授業成立の基礎技術 指名 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/7169034

Listed below are links to weblogs that reference 教師力再生:

« 中学生来校 | Main | 授業成立の基礎技術 指名 »