« わくわく授業再放送! | Main | 星野富弘さんの授業1 »

2005.11.06

名人でも・・・

有田和正先生の「わくわく授業」を見た。
スペシャル版ということで授業以外の場面が入った。有田先生の仕事部屋、教師になってから苦労した話、教材開発をしているところ等である。実は今回、これが一番心に響いてきた。

有田先生の教師としての人生は「名人への道」(私が最初に読んだのは日本書籍発行)等でいろいろ読んでいた。今日改めて今までのエピソードを聞いて、「がんばらねば・・・」と思った。意外と思ったのは「教師を辞めたい」と有田先生が何度も思ったこと。先の本にも、「教材研究のノートにうまくいかず、ぼろぼろと悔し涙をこぼした」というエピソードがある。そして努力を重ねた。
授業の名人でさえそうなのだ!凡人の自分はもっともっとがんばらねばと思うのだ。

30年間で800のネタ。その数字に驚くが、有田先生の本格的な教材開発は40歳を過ぎてからだ。自分もまだまだ教材開発できる。そう励まされたわくわく授業であった。

|

« わくわく授業再放送! | Main | 星野富弘さんの授業1 »

Comments

まさに「追究の鬼」そのものでした。
書籍や講演で学ぶこととはまた一味違った放送だと思いました。
野口先生もそうですが、古稀にしてあのバイタリティ、生き方の手本でもありますね。
私は、有田先生の若い頃の述懐部分がとても印象に残りました。

Posted by: spring | 2005.11.06 at 17:19

springさん、ありがとうございます。今日のspringさんのブログも有田先生のことでしたね。私も有田先生から、教師としてだけではなく人間としての生き方も学んでいます。来年の1月に今年に続いて水沢に来ていただくことになっています。
教師としては、授業そのものだけではなく、こういう裏側の部分もぜひ知りたいです。その点ではいい番組でした。

Posted by: サトマサ | 2005.11.06 at 17:38

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/6926458

Listed below are links to weblogs that reference 名人でも・・・:

« わくわく授業再放送! | Main | 星野富弘さんの授業1 »