« 「できる教師のデジタル仕事術」発刊! | Main | みちのく情報教育フォーラムのご案内 »

2005.12.10

こういう時こそ

ここ数週間で重要なことが立て続けに決まっている。

1カ月ぐらい前までは12月~3月までのスケジュールはわりと余裕があるなあと思っていたが、それらもどんどんと埋まってきた。じっくりと時間をかけて取り組まなければいけないこともある。「光栄だなあ」と思うこともある。自分は周囲の方に感謝することばかりだと感じる。

こういう時こそ、大切にしなければいけないことを考えてみた。

一つは自分に仕事を依頼された方の思いを大切にするということである。数多くの教師がいる中で自分に頼んだ仕事である。「頼まれた仕事は断らない。感謝の気持ちで受け入れる」が自分のモットーだが、それもこれに由来する。そして「思いを大切にする」というのは結果として示さなければ意味がない。つまり一定レベル以上のアウトプットを続けなければいけないと思っている。

もう一つは足下の学級経営、授業実践、校内の仕事をより充実しなければいけないということである。今の管理職は自分の校外の仕事に理解を示してくださっている。これは有り難いことだ。しかし、校内の仕事で不備があれば即「校外の仕事をしているから」と思われるのも当然のこと。ならば、余計学校の仕事はきちっとしなければいけないと思っている。

この二つを並行して達成するために自分に必要なのは健康管理だ。実は先月、初めて某検査を受けている。結果が大丈夫だったらホッとしたものの今まで健康には無頓着だった。ここ十年ぐらい、かぜすらひいていないことが健康への過信につながっていた。より充実した人生のためには健康は不可欠だ。

よりタフに活動するために留意していこう。

|

« 「できる教師のデジタル仕事術」発刊! | Main | みちのく情報教育フォーラムのご案内 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference こういう時こそ:

« 「できる教師のデジタル仕事術」発刊! | Main | みちのく情報教育フォーラムのご案内 »