« お人好しの県民性 | Main | 原点を見直す »

2006.01.06

編集の仕事を学んでいる

今、社会科関係の本の編著者としての仕事をしている。
「編著者」は2回目。前回のITミニネタ本は上條さんとの共同編著者で助けていただいたが、今回上條さんは監修ということで、「判断」という仕事も入っている。ただ、他教科も同時進行で本作りが進んでいるので、その分「ああ、算数も同じようにしているなあ。よかった」というように安心できる面があるのが幸いだ。

さて、「編集」といっても「原稿を依頼し、集めて、チェックして終わり」というように単純ではない。
全てメーリングリストで仕事をしているが、方針を立てたり、案にコメントをしたり、現状を報告したり、メンバーに声がけ(メールがけ?)をしたりというように、実際に原稿を書き始めるまでいろいろなことをした。そして、今日は見本原稿と留意点を作成した。まさに「編集の仕事を学んでいる」段階。新しい仕事をするにはエネルギーが必要だが、今回は学びが大きいのでそれが意欲になっている。

さて、「編集の仕事は担任の仕事と同じでは?」と今日ふと思った。先に示した例は、学級経営で担任がすることと似ている。以前、「プレゼンは授業と似ている」という話を伺ったことがある。となると、学級経営の仕事・授業の仕事とも、一般の仕事術に応用できるものなのでは・・・と思う。この点、今後も追究していきたいところだ。

|

« お人好しの県民性 | Main | 原点を見直す »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/8037629

Listed below are links to weblogs that reference 編集の仕事を学んでいる:

« お人好しの県民性 | Main | 原点を見直す »