« 雑誌の効用 | Main | 編集の仕事を学んでいる »

2006.01.05

お人好しの県民性

TBS系で「都道府県ランキング」という番組(正式番組名は違う)をしていた。
ランキングから県民性を考えるというものだ。しかも、それを証明する実験もしている。

最後の「お人好し」ランキングを見ていたら、何と岩手県が1位だった。しかも実験でも証明済み。街角におばあさんが立って道を聞くという設定。盛岡で試したら50人中37人が教えてくれた。しかも、親切に「一緒に駅までいきますよ」とか、使い捨てカイロをくれたりとか、声をかける前に若者が心配して「どうしたんですか」と声をかけたりとか・・・とにかく「人がいい」というシーンが続出だった。これは盛岡のデータだけど、宮古だったらもっと比率は上がるんだろうなと思った。

これは誇っていい岩手の県民性だと思った。この県民性は学校でも子どもたちに伝わっているはずだ。

ただ、これを別の面からみれば、「オレがオレが・・・」という自己主張をする人は少ない・・・ということの裏返しになるかもしれない。それは時にはマイナスとなる場合もあるだろう。そんなことも思った番組であった。

|

« 雑誌の効用 | Main | 編集の仕事を学んでいる »

Comments

はじめまして。実は宮沢賢治の「雪わたり」の教材研究のために昨年の11月15日に花巻に行きました。レンタサイクルで賢治ゆかりの地を回ったのですが、たくさんの方に親切にしていただきました。火にあたらせていただいたり、りんごをご馳走になったり、イギリス海岸にボランティアで植えているチューリップの球根を見せていただいたり・・・。タクシーの運転手さんは、「羅須地人会の建物はどうしても見てほしい」とおっしゃって、案内してくださいました。出会う方がみんな優しく、驚いてしまいました。さすが賢治の故郷ですね。もう一度ゆっくりと伺ってみたいです。
「デジタル仕事術」も購入しました。読み応えがありますね。現場に復帰したらそのノウハウを少しでも参考にさせていただき、めりはりつけて仕事をしたいと思います。

Posted by: kei | 2006.01.06 at 02:05

keiさん、コメントありがとうございます。いやー、いい話ですね。(まあ、そういう出来事ばかりではないでしょうが)。
岩手は内陸と沿岸に分かれます。盛岡、花巻、私の住む水沢は内陸です。前の勤務校の宮古や釜石は沿岸です。沿岸は内陸よりさらに人情が厚いです。
ブログを見たら、平野先生の研究室のようですね。6、7年前に宮古でご講演をされました。伊那小のビデオを見せながらのインパクトのあるお話でした。強烈な印象が残っています。

Posted by: サトマサ | 2006.01.06 at 09:41

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/8021514

Listed below are links to weblogs that reference お人好しの県民性:

» とんだハプニング [日々是好日・・・とは限らない]
成人の日の日曜日、じーじとばーばが東京へ帰るので 車で(犬も一緒)で送っていった。 盛岡までは心配していた雪もなく順調。 途中エビス亭でご飯を食べる時間もあった。 ところが茶畑の交差点のところで激しく渋滞。 車が前に進んでいる気配がない。 雪で何時に駅に着けるかわからなかったので 新幹線の切符も買ってない。 なんとか出発30分前には着きたいところ。 仕方なくわき道へ。 これが間違いの元だった。 幹線道路は除雪され、雪も所々だ�... [Read More]

Tracked on 2006.01.10 at 09:46

« 雑誌の効用 | Main | 編集の仕事を学んでいる »