« 学研NEW3月号 | Main | 改めて「人のつながり」を感じる »

2006.02.10

一手少ない指導

知人のお子さん、中学生の話だ。
教師の指導について、ストレスがあるということだ。委員会の指導で自分がリーダーとして下級生に指導したいことがあったのに、担当の教師がすべて指導をしてしまうらしい。下級生の時にリーダーである先輩に指導されて、試行錯誤したけど充実感のあった委員会活動だったので、今回は「自分が後輩たちに・・・」と意気込んでいた。でも教師にその役をすべてとられたらしい。

「教え好き」の教師なら十分に考えられる話だと思った。
思い出したのが20年近く前に雑誌で読んだ「一手少ない指導」だ。有田先生の原稿だった。あえて、指示を少なくする。子どもたちが自主的に活動する余地を作る。そして、子どもたちの学習意欲を育てる。そのキーワードが「一手少ない」ということだった。この言葉を若いうちに知っていて本当によかったと思う。

|

« 学研NEW3月号 | Main | 改めて「人のつながり」を感じる »

Comments

コメント、ありがとうございました。子どもの授業のことですが、大人の研修でも同様ですね。何事にも通じる原則かもしれません。

Posted by: サトマサ | 2006.02.12 09:14

「させてみる」部分ですね。
私も先生方とICTの研修をするときに、
考えて、試してもらう「すきま」を少し作るようにしています。

そうやって身につけた部分がほんとうの力に
なると思います。

http://mochizuki.la.coocan.jp/blog/
http://www.mochizuki.net/
※今週の更新をしました。

Posted by: Y.Mochizuki | 2006.02.11 08:11

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 一手少ない指導:

« 学研NEW3月号 | Main | 改めて「人のつながり」を感じる »