« 児童画展の別の価値を知った | Main | 沖縄と北海道の家・違いと共通点は »

2006.02.05

自戒

今日も胆沢児童画展。
主に受け付け当番の仕事をした。

当番といっても「名簿渡し」「人数チェック」「質問に答える」といった程度の仕事だけだ。あいている時には事務局の仕事も時々しながら、行った。
さて、名簿渡しの時に「自戒をしなければ」と思ったことがあった。それは、名簿の受け取り方が本当にバラバラだからである。ご丁寧に「ありがとうございます」と深々と礼をする人もいれば、無言でもらっていく人もいる。きちんと礼をする人は年配者に多い。無言は父親が多い。この違いは「他の人の立場(この場合は受付当番)で考えているかどうか」ということである。

さて、自分を振りかえる。似たような場面では、「ありがとうございます」とはっきりと言っているつもりだが、相手の立場を考えて・・・・となると、常にはっきりと言っているとは自信が持てない。何事もそうだ。「相手の立場になって」というのは、どのような場合も大切だ。自戒をしなければいけないと感じた。

|

« 児童画展の別の価値を知った | Main | 沖縄と北海道の家・違いと共通点は »

Comments

私も同じような経験があります。
若い頃、ビラを配る仕事をしたとき、
なかなか受け取ってくれないんですね。

つくづく難しいな、と感じました。
おかげで、つい配っている人を見ると
受け取ってしまうんですけど。

http://mochizuki.la.coocan.jp/blog/
http://www.mochizuki.net/

Posted by: Y.Mochizuki | 2006.02.06 00:05

コメント、ありがとうございます。子どもたちにも「相手の立場を考えて」と言っているのですが、何げない時に自分の行動が本物かどうかわかるような気がします。

Posted by: サトマサ | 2006.02.06 05:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 自戒:

« 児童画展の別の価値を知った | Main | 沖縄と北海道の家・違いと共通点は »