« 奥州市誕生! | Main | 熱中「木」のつく漢字 »

2006.02.21

親友の初単著

私の親友に平藤幸男氏がいる。
秋田大学の同期。研究室は違っていたが、お互い苦学生だったので、図書館やアルバイトで一緒になった。彼は岩手出身だったので、岩手に戻った。私は秋田出身だったが、彼より一年遅れで岩手に採用になった。偶然彼の勤務地の隣の市の採用となった。これが幸いだった。お互いに情報交換をするようになって20年が経った。これはこれで一つのペアサークルだと思っている。

その彼が初単著を出した。「ふれあいのあるクラスを創る」(明治図書)である。学級経営(実践は低学年が多い)のアイデアが詰まった本である。彼の今までの学級経営の実践の集大成にもなっていると思う。

私もそうだったが、彼も一冊の本を出すのが夢だった。教師になって本を出したいと思っていても、なかなかそういう機会には恵まれない。その点では彼も私も認めてくださる方がおり、本当に幸せだったと思う。
彼の教師生活は順調ではなかった時期もあった。今までいろいろと苦労した平藤氏に、改めて「おめでとう!」と言いたい。同時に「本を出してからが勝負」という言葉も贈りたい。そう、これからだぞ!

|

« 奥州市誕生! | Main | 熱中「木」のつく漢字 »

Comments

本を出すというのは、すごいことですね。
私はまだまだ力量がないので、
とてもできそうにありません。

もっと勉強しなければいけませんね。

http://mochizuki.la.coocan.jp/blog/
http://www.mochizuki.net/

Posted by: Y.Mochizuki | 2006.02.22 00:12

コメント、ありがとうございます。本を出すことは苦しみが必ず伴いますね。でもその先にある「発刊」という喜びを考えたら、「贅沢な苦しみ」と言えるかもしれません。

Posted by: サトマサ | 2006.02.22 21:49

とてもうらやましいです。
私は読む側にまわります。

http://mochizuki.la.cooca.jp/blog/
http://www.mochizuki.net/

Posted by: Y.Mochizuki | 2006.02.22 21:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 親友の初単著:

« 奥州市誕生! | Main | 熱中「木」のつく漢字 »