« ヒントをさぐる | Main | ICT利活用キャンペーンで得をした »

2006.02.13

外国の事例を知りたい

今日の7時のニュースで「中教審で授業時間を増やす方針、理数系に重点云々・・・」という放送が流れていた。ある程度、そのような情報は聞こえてきていたが、改めてはっきりと出てきて、「やはり・・・」という思いである。
ここで教育論議をするというものではない。

12年前、アメリカに教員研修で2カ月行った時に、「アメリカでしていることは10年後、日本で必ず行われている」というフレーズが印象に残っている。その当時、「気軽なゲストティーチャー」「図書館ではインターネットで本の検索」といったことが本当に日本で実現するのかと思っていたら、実際に現実のものとなっている。困ったことに「誘拐防止のための対策もさかん」ということまで似てしまっているが。

実は授業時間を増やすということも、私が行ったオレゴン州の教育局の計画の中に入っていた。減りすぎた授業時間を段階的に増やしていくという説明を、私が行った小学校で教育局の人が時間をかけて説明をしていた。立派なパンフレットも見させてもらった。当時は日本の方が授業時間は多かったが、今は少ないのではないかと思われる。

こういうことを考えたら、外国の教育の事例を研究する意義はあると思う。いろいろと勉強したいこと、しなければいけないことが増えていく。少しずつでいいから海外研修に行かせてもらった自分の使命として、研究してみたいと思っている。

|

« ヒントをさぐる | Main | ICT利活用キャンペーンで得をした »

Comments

こんにちは。こちらの小学校では毎日、午前授業です。義務教育です。午後からは自分の能力を伸ばす学校に子どもたちは行っています。各家庭で勉強をもっとしたい児童は午後からも学習中心の学校へ。芸術分野を伸ばしたい人は芸術系の学校へ行っています。学習中心の学校は、午前での義務教育の学校で学力的に低い子は午後の学習学校に行かされるという話も聞きました。
午前の学校はカリキュラムもびっちり決まっており、給食はありません。午後に行く学校で給食を準備しています。(学校にもよりますが・・)。行政も支援しており、児童用に午後の定期券というのが発行されて、子どもたちが地下鉄やバスなどの公共機関を利用しやすい仕組みになっています。
教育システムが複雑で詳しいところまではよくわかりませんが、こちらの様子をお知らせします。

Posted by: 福ちゃん | 2006.02.14 at 02:53

「外国の事例を知りたい」という題に反応してくださり、ありがとうございます。福ちゃんさんならではの情報ですね。子どもたちはダブルスクールに行っているということですね。個々の能力を伸ばすにはいいシステムですね。制度として大変な面はあると思いますが。このような情報はやはり日本からは想像できませんね。ありがとうございました。

Posted by: サトマサ | 2006.02.14 at 07:21

こうやって、世界からも情報を得ることができるのは
ネットワークのよい点ですね。

人のつながりを私も大切にしたいです。

http://mochizuki.la.coocan.jp/blog/
http://www.mochizuki.net/

Posted by: Y.Mochizuki | 2006.02.14 at 18:46

コメント、ありがとうございます。そうですね。これがブログのよさでもありますね。

Posted by: サトマサ | 2006.02.14 at 21:17

私も新しいblog
http://mochizuki.la.coocan.jp/blog/
を@nifty で自作しましたが、
たくさんのコメントをいただき、
人と人のつながりを感じています。

※以前のedublog の方は閉鎖して
 記事はすべて統合しました。

Posted by: Y.Mochizuki | 2006.02.14 at 21:29

初めまして。
オーストラリアの現地校に子供が通う母親です。私の方は「日本ではどのような授業をしているかを知りたい。」と思って、このブログにたどり着きました。すばらしい授業をされているのですね。
オーストラリアの総合学習について少し書いたものがありますので、TBしておきます。

Posted by: milesta | 2006.02.18 at 23:15

milestaさん、コメントありがとうございました。オーストラリア情報、参考になりました。外国の事例を知ることは自国の教育を考える時の一つの視点になります。ありがとうございました。

Posted by: サトマサ | 2006.02.19 at 06:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/8647547

Listed below are links to weblogs that reference 外国の事例を知りたい:

» 建国記念の日に考えた「総合学習」のこと [教科書問題ブログ - milestaさんのブログ - 電脳教科書補完録]
 我が子たちの通うオーストラリアの公立小学校。2年生でも一桁の足し算を指を折って数えていたりしていて、「大丈夫?」と思うこともあるが、総合学習のプログラムは実によく出来ている。学期毎にテーマが決まって、そのテーマに関することを科目に関係なく学習する...... [Read More]

Tracked on 2006.02.18 at 23:13

« ヒントをさぐる | Main | ICT利活用キャンペーンで得をした »