« 来年度は「攻める」 | Main | 家本先生の訃報 »

2006.03.12

お笑い爆笑ライブ

今日は「お笑い爆笑ライブ」を見にいった。毎年1~2回は、お笑い芸人が来るので、だいたいは行っている。
今回は「ヒロシ」「タカ&トシ」が来るということで、会場は満員。けっこう遠くからも来ていたようだ。

さて、お笑いを楽しむのでいいんだが、もう一つ目的があった。

・子どもたちに受けるネタをゲットすること
・お笑いと授業との共通点を見つけること

要するにお笑いを自分の仕事に生かすということである。「何もお笑いライブを見て、そんなことをしなくても」と思われるかもしれない。でも私の場合、常に教育のヒントはどこにでも転がっていると考えているから、どうしてもそういう頭になってしまう。そして、そういうのがまた好きなのだから、それでいいと思っている。

ネタは、ほどほどにゲットしたので、ひらめいた時に披露しよう。

共通点。売れている芸人ほどすぐに自分のペースに巻き込むということだ。前座の人たちは最初に会場とのやりとりを楽しんでいたが(それはそれでファンサービスだが)、ヒロシやタカ&トシはすぐに芸に入った。観客が「あっ、生ヒロシだ」と思っている時にもう心をつかんでいる。授業と同じだ。最初に一気に心をつかむ授業。一流の授業であろう。どんな場合でも原則は同じだと感じた。

|

« 来年度は「攻める」 | Main | 家本先生の訃報 »

Comments

子どもが口ずさむのが、今の子どもたちのはやりですね。筑波付属小の国語で落語をやっていました。総合で「笑い」をテーマに単元構造ができないか真剣に考えているところです。

Posted by: ながたく | 2006.03.13 at 01:58

コメント、ありがとうございます。昨年参観した福島大学附属小でも落語に取り組んでいました。「笑い」の発信、楽しみにしております。

Posted by: サトマサ | 2006.03.13 at 06:18

お笑いからネタをゲットなんて、正寿先生の真面目さ・熱心さを感じてしまいました。しかも、TVやDVDを通してでなく、生で感じに行くところがさすがだと思います。前座と真打ちの違いとか、生ならではの“気づき”ですものね。

Posted by: さくあゆ。@NED | 2006.03.13 at 22:58

コメント、ありがとうございました。いえいえ、一番はお笑いを楽しむのがメインです。このごろはNHKでもたくさんの芸人が活躍されていますね。教育テレビでも「お笑いを教育に生かす」という番組があったら必ず見ますが・・・。

Posted by: サトマサ | 2006.03.14 at 05:27

私の授業の「つかみ」に吉本の芸を参考にしています。

Posted by: 北海道 加藤 | 2006.03.14 at 06:36

コメントありがとうございます。吉本新喜劇を見なくては!

Posted by: サトマサ | 2006.03.14 at 07:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/9061923

Listed below are links to weblogs that reference お笑い爆笑ライブ:

« 来年度は「攻める」 | Main | 家本先生の訃報 »