« 藤原先生の感想 | Main | 社会の学習 »

2006.03.07

勉強すべきことが次々と

今年4月に社会のミニネタ本が発刊される予定だ。
私は編者を務めた。
これは、小学校社会についてのミニネタを101本集めたものである。ミニネタといっても1回で終わりというものではなく、何回もできる「楽しい活動」である。

本の製作のスタートが12月。それから2カ月でミニネタ出し・原稿書き・原稿修正と一気に走り抜けた感じだ。私も41本のミニネタと10ページの活用法、さらに一番重要な編者としてのライターのミニネタの検討を行った。

その作業も今日の「まえがき」執筆でほぼ終えた。
この「まえがき」、実は初めての執筆だ。今までの本で「あとがき」は書いたことがあるのだが。
そこで改めて、参考にすべき「まえがき」をあれこれ読んだ。いやー、やはり一流は違う。今まで何げなく読んでいたが、ちゃんと「本書の価値」「教育現場の現状」「本書の目玉」等が的確に書かれている。同時に書いていてわからない点も出てきた。発行元の編集者さんに連絡して、結局「あとがき」も書かせていただくことにした。

それにしても、いろいろな仕事をしていると、次々と勉強すべきことが出てくる。このブログに「〇〇をしてみたい」とよく書くが、これは本音だ。その点、登山と同じだ。高い山を目指すのであれば、たくさんの準備が必要なのだ。

|

« 藤原先生の感想 | Main | 社会の学習 »

Comments

どうも。JJです。お久しぶりです。
社会科のミニネタですか!
とても楽しみです。ぜひ買います!

社会科はいろいろと攻める角度も,
広げる角度も広いので面白いですよね。
私が社会科を好きな理由は,そのことも
あります。

いいですねえ。佐藤学級を見に行きたい。

Posted by: JJ | 2006.03.07 at 22:24

コメント、ありがとうございます。「社会科は苦手」という先生にはもちろん、JJさんのように社会科が好きという先生にも読みごたえ(使いごたえ)のある本になったと思います。ぜひお読みください!

Posted by: サトマサ | 2006.03.08 at 04:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/8990132

Listed below are links to weblogs that reference 勉強すべきことが次々と:

» Tramadol hcl. [Will tramadol hcl test positive in drug testing.]
Tramadol hcl. [Read More]

Tracked on 2007.05.12 at 07:25

« 藤原先生の感想 | Main | 社会の学習 »