« こんな研究も必要だ | Main | 来年度は「攻める」 »

2006.03.10

来年度のことを・・・

年度末である。
ちょうど一週間後は修了式。その翌日は卒業式である。春休みは事務仕事・送別会であっという間に過ぎる。さらに今年はICT利活用促進キャンペーンで徳島に行ったり、デジタル仕事術2があったりで本当に高速で過ぎると思っている。

さて、来年度のことをぽつぽつ考えている。自分が実践したいこと、自分が取り組みたい研究、自分が発信したいこと等である。まだ書くことはできないが、考えるだけで元気になってくる。「楽しみ」という気持ちが増してくる。

自分がそれらを実現させるためにいくつか必要な要素がある。
まずは「人」である。教えてくださる師、一緒に切磋琢磨する仲間、バックアップしてくださる人等、自分は恵まれていると思う。
次に「場」である。発信の場があるということは有難いことだ。学会、本、雑誌、メルマガ等。発信するためにはその何倍もの受信が必要となり、必然的に本も読めることになると思う。
そして「保証」である。これは時間的な保証や経済的な保証のことである。時間的には仕事術を磨けばまだまだ生み出すことができるであろう。さらに研究を推進していくうえで今日朗報が一つ届いた。もちろんこれはスタートだし、責任もある。自分の励みとしたい。

|

« こんな研究も必要だ | Main | 来年度は「攻める」 »

Comments

「人」と「場」
そのとおりですね。

先生とこのblog でコメントいただくだけでも
ありがたいです。
「場」は私にはないのですが、
これからそういった場にいけるような
力をつけていかなければ
と思います。

私も来年度の準備で忙しくなりました。

http://mochizuki.la.coocan.jp/blog/
http://www.mochizuki.net/

Posted by: Y.Mochizuki | 2006.03.11 at 07:37

コメントありがとうございます。私こそ、コメントをいただいて有難いと思っています。いろいろな「発信の場」があることも本当に有難いことです。

Posted by: サトマサ | 2006.03.11 at 10:36

私もblog で情報発信をしていますが、
どのくらい役に立っているのかな?
と自問自答しながら、
毎日更新しているところです。

Posted by: Y.Mochizuki | 2006.03.11 at 11:35

サトマサさん、先に謝っておきます。20日出席できません。わけあって、学校長の退職祝いを、その日に高知県ですることになりました。せっかく徳島まで来てくださるのに、申し訳ないです。ホントに。

Posted by: yo-yo | 2006.03.12 at 15:21

yo-yoさん、逆にこちらが恐縮します。どうぞオ謝らずに・・・。またお会いする機会があると思います。その時によろしくお願いいたします!

Posted by: サトマサ | 2006.03.12 at 17:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/9026072

Listed below are links to weblogs that reference 来年度のことを・・・:

« こんな研究も必要だ | Main | 来年度は「攻める」 »