« ミス | Main | 行事を節目として »

2006.04.26

自主学習で人々のやさしさに触れる

今日は修学旅行1日目。
大きな活動は、自主学習である。これは、子どもたちだけで、仙台にある学習施設を3つ回り目的地に着くというものである。仙台に来たことがある子でも、家族連れでつれてもらってきているのが普通。それを自分たちだけで地図を頼りに地下鉄を乗り、施設に行って見学をするものである。
むろん、そのための事前指導はかなり行った。それでも未知のところを行くのは大変なことである。

案の定、いろいろなことが起きた。

・駅についたのはいいが出口が多く、迷ってしまい、近くにいる人に聞きまくったグループ。
・間違って大人用の切符を購入して、払い戻しを教えてもらって助かったグループ。
・途中で財布を落としたが、グループで協力して見つけたグループ。
・行く施設の別の支店に行き、あわてて移動したグループ・・・等々。

教師が一斉に引率すればこのようなトラブルは起きない。しかし、それでは自主性や意欲面はそれほど伸びないと思われる。その点では「失敗も大事な学び」なのだから、いい経験をしたと思う。
特に、親切に道を教えてもらったり、払い戻しの方法を教えてもらったり、人々のやさしさを感じることができたであろう。その面では貴重な体験ばかりであった。

|

« ミス | Main | 行事を節目として »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 自主学習で人々のやさしさに触れる:

« ミス | Main | 行事を節目として »