« TOSSデー | Main | 授業のアイデア本、2刷に »

2006.04.03

「最強のコーチング」

ここ数日、繰り返して読んでいる本がある。
「最強のコーチング」(清宮克幸著 講談社)だ。著者は早稲田大学ラグビー部前監督。今年度からはサントリーの監督になる。
そもそも、自分はテレビでのラグビー観戦が大好き。最近は早稲田がどんどん強くなる様子に驚いていた。強くなるにはきっと秘密がある。そう興味を持った時に手に入れた本である。

読むと、組織を強くするための興味深いエピソードがちりばめられている。キーワードだけ記そう。

・コーチングの出発点は「なぜ」
・「場」が作り出すエネルギー
・アナログな練習をデジタルに
・スローガンが果たす役割
・コンバートの重要性
・「あこがれ」を持つチームの強み
・目標の数値化
・キャプテンシーの活かし方

これらは自分の教師修行に通じる面があるなあと共感する。
たとえば、「場」が作り出すエネルギー。講師や訪問授業という「場」を引き受けることによって、自分を高めようとするエネルギーがわいてくる。
たとえば、今年の自分のスローガンは「グレードアップ」。現状維持は「後退すること」だと思っている。
たとえば、「あこがれ」。自分がかつて見たあの学級にあこがれる。自分がたくさん学んだあの教師にあこがれる。それらもエネルギーになっている。

「強くなるための原則」は一緒なんだと改めて感じた本である。

|

« TOSSデー | Main | 授業のアイデア本、2刷に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「最強のコーチング」:

« TOSSデー | Main | 授業のアイデア本、2刷に »