« 「元旦宣言」 | Main | 「最強のコーチング」 »

2006.04.02

TOSSデー

3年ぶりにTOSSデーに参加した。会場は一関。
自分がTOSSに参加していたのは、99年から数年間だ。高浜小に転勤して、「自分から学びに出なければダメだ」と考え、東京のセミナーに参加してから、あちこちに出掛けたものだった。ちょうどPCも使い始めた時期だったし、メーリングリストによる活動にも参加した。
事情があって、その後、活動の拠点は変えたが、その時に学んだことは自分の財産になっている。

今回参加したのは、同僚が熱心に活動に取り組んでおり、それを応援したいということがきっかけだった。同時に、今一度そのころに学んだことを思い出して、新たな学びをしたいというのも理由だ。「ツーウェイ」等の雑誌はとってはいるものの、セミナー等への参加をしていないとどうしても刺激が薄くなる。その点での刺激を求めたのも事実だ。

実際に参加していくつもの学びがあった。

・若手の先生方の入念な講座準備(トップバッターの先生は始める前に必死に練習をしていた)
・演習で即座に指導言を言える実力(今回はいじめに対して)
・学級づくりの基本を見直したこと
・グレーゾーンの子どもへの対応
・セミナーの運営

自分が関わっていた時の先生方ともご挨拶をした。それぞれTOSSで学んできた自信のようなものが感じられた。
関わっている組織は違えども、「子どもたちに力をつけたい」という理念は同じだ。こういうメンバーも岩手にはいる。また一つ元気になった。

|

« 「元旦宣言」 | Main | 「最強のコーチング」 »

Comments

僕はTOSSの冠を向山先生からいただいているけど,IT関連重視にシフトしつつあります。
元々は法則化の教育技術をITで・・・というスタートだったのです。いまはスマートボードの普及やインターネットランドなどすごい活動になりました。しかし,北海道での反TOSS勢力はアレルギー的です。今回の転勤もその状況を考慮してともいえます。
サークルでもTOSSデーをしなくっちゃ!って思いますが,転勤先の学校のIT化で連日残業です。(笑)

Posted by: kato | 2006.04.08 at 07:44

コメント、ありがとうございます。人によって立場や状況は違いますからね・・・。ただ、子どもたちのためにがんばるのは同じですから、いい点を思想は違っていても学び合えればいいのですが。現実はそうもいかないこともあることがわかりました。TOSSデー、機会があればまた参加したいと思っています。

Posted by: サトマサ | 2006.04.08 at 15:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11146/9398290

Listed below are links to weblogs that reference TOSSデー:

« 「元旦宣言」 | Main | 「最強のコーチング」 »