« よき学び | Main | New Education Expo 2006 »

2006.05.12

遊び心

11日の校内研修会で「我が委を得たり・・・」という話があった。
講師のN先生が「教室に入る時に工夫をする」ということである。「ネクタイをわざを曲げて入った時、ある子が『ネクタイ、曲がっていよ!』と気付いた。その子に「よく気付いたで賞」をあげた」という。教室に入るのもほめるネタにしていたというエピソードだ。

今日、松下助成贈呈式で愛知の玉置校長先生との懇談の中で、「時々、担任より早く行って欠席した子の席に座っていることがある。子どもたちに『黙っていろよ』という合図を出して。担任が来て気付くと大爆笑になる」というお話を聞いた。朝から大爆笑のクラス。楽しいだろう。私も、シーンと朝自習をしている時に後ろの空席に座ってニヤニヤしている時がある。気付いた子たちもニヤニヤ。楽しい光景だ。

共通しているのは遊び心。

ところが、現状の自分はこのごろ遊び心が少ないなあ・・・と感じている。
2日前、子どもたちが久々に教室の入り口に黒板消しをはさんでいた。「先生、もっと遊び心を」という訴えだったのかもしれないなあ・・・。

|

« よき学び | Main | New Education Expo 2006 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« よき学び | Main | New Education Expo 2006 »